FC2ブログ

他府県サンガサポの暇潰し

京都サンガFCのホームタウン外に住むサンガサポ。紫魂を持つサンガ(仲間)に向けたホームページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「7 コマイヨシアキ」ゲーフラの作り方

2014シーズン、福岡遠征の前に「ゲートフラッグ」通称「ゲーフラ」を作成した。

以前昇格がかかる試合、プレーオフにて、野球の応援プレートのような段ボール製の物を作って、
ばっちりNHK京都に抜かれたりした(^^ゞ

今回は布を用いた一般的なゲーフラ。今シーズン一年間使う予定であり気合が入る。その作り方を記録しておきます。

【使ったもの】
1、紫の布(長さに応じて料金が変わります。大体500円ぐらいでした)
2、カッターナイフ
3、チャコペンシル(セリアで購入)
4、デザインを印刷した紙(コンビニでネット印刷)
5、突っ張り棒(セリアで購入)
6、アクリル絵の具の(一本200円ぐらい)
7、白のフェルト
8、紫魂
【所要時間】
全部で2時間ぐらい。但し、二回目以降はもっと時短できそうです。

【作業工程】
gateflag (1)
紫色の布を購入。イオンの専門店にある手芸屋にて購入。おっサンガ、手芸屋をうろつきながら品定めしてた。

gateflag (2)
パソコンで作成し、コンビニネットプリントにて作成した型紙をカッターナイフで切り抜きます。

gateflag (3)
レイアウトはこんな感じ。お気づきのことと存じますが、競馬のゼッケンをイメージしたもの。あまり複雑だと往生すると思い単純な意匠に。

gateflag (4)
定規を使い、チャコペンシルにて布にデザインを書きます。

gateflag (5)
全部書いたらこんな感じでした。

gateflag (7)
マスキングテープにて、その後に色を塗る周りの箇所を囲みます。この作業は、ゲーフラ作成ガイドのサイトでは重要な作業工程とのこと。しっかりテープを張らないと、色を塗ったとき、はみ出すとのこと。こまい作業ですが、根気よく進めました。

gateflag (8)
マスキングテープの中を白のアクリル絵の具にて、少しずつ塗っていきます。この際、水が多かったり、一度に多くを塗ると色が滲むので注意です。また、「7」の箇所は、当初色を塗る予定でしたが、上手く塗れそうもなく、白のフェルトを切り貼ることにしました。

布の周りをミシンがけして織込みホツレを防止。両端は突っ張り棒が収まるように筒状にしておきます。

以上、簡単であるがゲーフラの作成工程を記録。雨には弱いみたいです。今年の遠征に帯同させますわ。
スポンサーサイト
京都サンガFC | コメント:2 | トラックバック:0 |

観戦記(Jリーグ DIVISION2 第2:アビスパ福岡戦 2014/3/9) 

遅くなりましたが、アビスパ戦の観戦記録を残します。

今回のアビスパ戦は、日曜開催ということもあって、翌日月曜日に休暇を取得し、2泊3日の旅となりました。

中部国際空港より、昨年も札幌遠征でお世話になったジェットスターの飛行機に乗込みます。

出発前の荷物検査ではこんなことも。

キャリーバックをおねーさんに開けられる。…「つっぱり?」半笑で言われる。

そう。ゲーフラ用の突っ張り棒がおねーさんの目にとまる。
どーやら長さ規定に抵触、する・しないで疑念を持ったようだ。おもむろに、上司のような奴に突っ張り棒を持って質問をしに行く。

しばらく緊張してしまう。そして、遠くから聞こえる声。「大丈夫。大丈夫!!」とのこと。

まったく、焦らせやがって。

ほんとに規約に反すると思って上司に聞いたのか、はたまた、ただ俺氏を辱めるだけだったのか?

まぁよい。紫魂を持つワシにはそんな心理戦は通用しない。そう、翌日には今期初観戦が控えている。こんなところでメンタル削られない。

機内では、京セラをつくった「稲盛和夫」氏のアメーバ経営の本を読む。道中の退屈しのぎにと思い当日購入した。

京セラを作ったということと。即ち、サンガを作ったに等しい。サンガサポにとって教本に値する本と判断。即決購入した。
中身より
sanga0013-20140402共有

今まで、「アメーバ経営」とは、耳にしたが、具体的にどんなものなのかは、さほど知らなかった。今回で概略を掴んだよ。かいつまんでいえが、一人一人が経営者として会社に参加することを旨としたシステム作り、仕事の気概の持ち方、について触れたものであった。

さて、飛行機は順調に到着。一時間そこそこで到着。自身初の福岡空港へ。感想は、街中から空港近ッ!!。ほんと街中にある空港で、市街地へのアクセスも抜群ですわ。ジェットスターは運賃が安いし、到着したばかりなのに、「また来たい」と思う。

前日入りの夜は、ワシの大学のサークルサンガ(仲間)九州組と飲み会。念願だったモツ鍋等の博多名物を囲みながら、昔話に花が咲く。

話題の中での一番の衝撃は、友人の一人が市議会議員選挙に出馬したこと!!

店を出て、中洲の屋台経由で、三軒目に寄った後、予約しておいたカプセルホテルへ。寝るだけなので安いカプセルを選択。これで移動初日の疲れを取ります。

試合当日
さて、試合当日は少ない空き時間に観光を。西鉄の電車に乗って大宰府天満宮へ。高校二年のときに修学旅行で訪れた大宰府天満宮だが、全くといってよいほど、記憶がなかったです(^^♪ それだけ、当時の旅行がオモロなかったということ。

おっさん四人でオシャレスタバなんかにも寄ったりします。

レベスタへ
大宰府ではK山氏推薦の「梅ヶ枝餅」を食し、決戦の地「レベスタ」へ。鳥銀バードスタジアム、ニッパツで経験したようなピッチレベルでの観戦に胸が躍るよ~♪♪

試合前の楽しみ。スタメシ。暖かいうどん、フランクフルトを食べ、お供にビールを飲む。レベスタのスタメシも当然に西京極を上回る。というか西京極は底辺だわ。いかんせん、暖かい食べ物の存在で既に負けている。他サポから、スカパーのレポーターとスタメシのレベルについては反論できない。

アップの様子
アップ
さぁ、いよいよ試合開始です。
IMG_1676.jpg

試合開始
試合内容は次の通り。ゲキサカより。


[3.9 J2第2節 福岡1-0京都 レベスタ]
アビスパ福岡がホーム開幕戦を1-0で制し、今季初勝利を手にした。京都サンガF.C.の開幕連勝はならなかった。福岡のリーグ戦での京都撃破は2005年8月20日以来、実に9シーズンぶりとなった。

 試合は後半に動いた。後半19分、FW城後寿のシュートの跳ね返りがエリア内にいたDF比嘉祐介の手に当たり、福岡にPKが与えられる。しかしFW坂田大輔が蹴ったPKはGKオ・スンフンに防がれると、跳ね返りを城後が蹴り込むもクロスバーを叩き枠外に外れていった。

 だが今度こそ福岡が試合を動かすことになる。後半31分、MF酒井宣福、城後とつないだボールがDFの裏のスペースに出ると、走り込んだFW平井将生が反応。切り返しで比嘉のスライディングをかわすと、落ち着いて流し込み、待望の先制点を決めた。

 京都も後半39分にビッグチャンス。エリア内左に流れたMF山瀬功治が左足で強引にシュート。しかしシュートは惜しくもポストに嫌われてしまった。

 途中出場で移籍後初ゴールを決めた平井。“浪速のアンリ”がスタメン落ちの悔しさをぶつけた。試合後は「前半から見ていて裏にスペースがあると思っていた」としてやったりの表情。「僕が一番求めているもの」と更なるゴール量産を誓った。 



途中、セットプレーでは、アメフトのようなトリックプレーもあった。ボールに何人もが集まりリスタート。マークを外すことが目的みたいだが失敗に。

その他、後半早々のチャンスに、横谷がフリーのヘッドを浮かしてゴールにならず。これが決まっていたら結果も変わっていたかも…。

未だに外したシーンが頭に残っています。もっとも、横谷は、2013シーズンの鳥銀でのゴールシーンも頭に残っている。安藤からのクロスをヘッドではじかれるもつめてゴール。私には良い記憶も残っているんだが、今回は同じようにはいかなかった。

今回の試合は、先が思いやられる内容。まだまだ二節でありながらも先々を悲観してしまったよ。

モヤモヤした気持ちでレベスタを後にする。そして、頭を抱えるワシと渋い顔のコウヘイの記念撮影を撮る。

帰りにはJR博多駅の駅ビル、JR博多シティにて晩御飯を食べて解散。
sanga0008-20140402共有

今日は負けたけど、次のホームゲームでは、ダダではすまさんぞ!!!
IMG_1648.jpg

京都サンガFC | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。