FC2ブログ

他府県サンガサポの暇潰し

京都サンガFCのホームタウン外に住むサンガサポ。紫魂を持つサンガ(仲間)に向けたホームページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

社宅の鳥たち

自分が今住んでいる場所は、今まで住んでいた町の中で一番の田舎。

田原豊自然豊な土地柄。

道路で、鹿、猿、いのしし、タヌキ、犬、猫、を見たことがある。

田舎であるが、そう長くは住まないので、わりと気に入っていたりもする。

田原豊は、ワイルドであるが、社宅にいる、ツバメのチャイルドを撮影。社宅の廊下にできたツバメの巣を望遠レンズで狙った。

撮影日:平成27年5月23日
社宅の鳥 (10)-20150523

社宅の鳥 (7)-20150523

社宅の鳥 (6)-20150523

社宅の鳥 (3)-20150523

社宅の鳥 (5)-20150523

ウンコをするときは、外に向けてすることをはじめて知った。これで居住スペースが清潔に保たれる訳か。
社宅の鳥 (8)-20150523

それから、社宅の南側にキジが居たことも。撮影日近辺の数日にわたり、聞いたことのない変な鳴声がして、鹿かどこぞの近所の爺さんかと思っていたが、キジだった。
撮影日:平成27年4月23日
社宅の鳥 (2)-20150426

社宅の鳥 (9)-20150426

口を開けてるツバメの子供達。いい画が撮れたわ。
社宅の鳥 (11)-20150523

「社宅の鳥たち」ということで、こいつも撮ったろ。
社宅の鳥-20150529


スポンサーサイト
「【◎】ω・`)カメラ・写真 | コメント:2 | トラックバック:0 |

観戦記(2015 JリーグDIVISION2 第15節 2015/5/24 FC岐阜対大宮アルディージャ戦) 

15節の京都サンガは水戸でアウェー戦にて観戦せず。

ただ今節は、大宮が長良川にやってくる。

J2降格チームが一年でJ1に復帰するのは悔しさがある。
岐阜の応援、横谷見たさ、渡邊大剛にブーイングしたくて行って来た。
岐阜対大宮

同日、サンガは水戸に勝利したことを知っている為、気持ちに余裕を持っての観戦。めったに見れないサンガの勝利。水戸観戦組みの皆様は勝ち組です。

さて、試合結果は大宮が5点とっての快勝。
岐阜対大宮-20150524

得点者は、
泉澤
菊池
横谷 繁
幡戸
ムルジャ

試合の様子
岐阜対大宮 (2)-20150524

岐阜対大宮 (3)-20150524

岐阜対大宮 (4)-20150524

岐阜対大宮 (5)-20150524

岐阜対大宮 (7)-20150524

岐阜対大宮 (8)-20150524

やはり、横谷はええ選手やわ。躍動感ありますな。

サンガへの移籍一年目と同じ背番号17番。翌年背番号が8になったが、出場機会に恵まれなかった。本人にとっても17の方が縁起のいい番号かもね。

そして、今節は1ゴール。

何故、川勝は昨シーズン稼動させなかったのか…。

そして、待っていた。渡邊大剛(# `)3')▃ブ▃▃▅▆▇▉

こいつを一年で昇格させてはならない!

他チームの皆さん、大宮叩きをよろしくお願いします。

自虐だが、今年のサンガは、例えるなら、フリーザに挑むクリリン程度の戦力。とても敵いそうもない(´・ω・`) 。

岐阜対大宮 (10)-20150524

岐阜対大宮 (9)-20150524

応援したい横谷に代わり、応援していない、寧ろ、活躍を見たくない渡邊大剛がピッチに入ってのだが、交代の瞬間ニヤケてしまったよ( ・∀・) 。

出てこなかったら、きっと寂しかったと思いますわ。

そして、大宮の泉澤が印象に残った。左サイドで再三攻撃の起点となっていた。スタイルも似てるし、伊藤優汰にも頑張ってもらいたい。
京都サンガFC | コメント:0 | トラックバック:0 |

観戦記(2015 JリーグDIVISION2 第12節 2015/5/6 FC岐阜戦) 

近場のアウェー。大木サンガ1年目から毎回観戦しているFC岐阜戦。

地元を応援せずに、サンガユニを着てうろうろしていることが、背徳感を感じて良いわヽ(・∀・)ノ 。

スタメシでは、ノンアルコールビール・五平餅・明宝フランクを食す。
image_1-20150506.jpeg

本日発表。FC岐阜後援会「オレンターノ岐阜」マスコット「おれん太」くん。
2014年5月12日生まれ。モチーフは岐阜県を代表する飛騨牛。
image_2-20150506.jpeg
牛に見えない。鹿に見える。

試合開始前にもお披露目
2015FC岐阜戦-20150506

カラービジョン
2015FC岐阜戦 (2)-20150506

連敗中のサンガ。今節は勝てるのか…。
2015FC岐阜戦 (3)-20150506

今日も、中津川市出身の山田元気がゴールマウスを守る。
2015FC岐阜戦 (6)-20150506

今節は、佐々木勇人が先発。前節のような推進力を期待。

「見返りハヤト」
2015FC岐阜戦 (5)-20150506

前半8分。試合開始早々に右サイドを細かいタッチのパスで崩されて失点。元気と岐阜のクラブチームで伴にプレーしていたという、遠藤淳輝に決められる。
2015FC岐阜戦 (7)-20150506

退屈な前半を1失点でしのぐ。途中、レオミレイロのシュートがポストを叩くなど危ないシーンも。
中盤は相手に完全支配される。何も出来ていない状況。高い位置にてパスを回され、セカンドボールも拾えない。

そして、今節は、右サイドではなく、左サイドを攻められていた。テソンが下がっているから左サイドを攻められるのか、左を攻められるからテソンが下がるのか。総じてもう見てられない状況(´・ω・`)

後半テソンを変え、ロビーニョを投入。開幕戦はテソンは高い位置を維持して結果が出たんですけどね。
2015FC岐阜戦 (8)-20150506

後半の見所は…平井コーチ。

でなく、奥川君
2015FC岐阜戦 (9)-20150506
ちなみに、ある人が指摘。「いつも平井コーチなんか写ってるな」と。ナンダカンダデ平井コーチを好きみたいです。

2015FC岐阜戦 (11)-20150506

前半は、クソみたいな内容。宮自身も今節は不完全燃焼だったでしょうね。
2015FC岐阜戦 (10)-20150506

Jデビューを果たした奥川。キープ力とスピード。非凡な才能を垣間見た。
2015FC岐阜16-20150506

次も是非とも見たい選手。
2015FC岐阜戦 (15)-20150506

そして、忘れてはいけないのはオグリさんでした。

65分、ファールを受けた後のリスタート。キムナミルからのボールを左足でダイレクトボレー。
後ろから来るボールを、利き足の逆でダイレクト。昨年の正田醤油スタジアムでのボレーシュートのように印象に残る一発で決めるゴール。

そりゃ監督も「ベテランも出さざるを得ない。」と言うわ。得点の可能性がある選手ですから。
2015FC岐阜戦 (13)-20150506

多くのサンガサポも駆けつけました。
2015FC岐阜戦 (14)-20150506

1-1ですが、後半の勢いからも負けた雰囲気が漂う。
2015FC岐阜17-20150506

育成出身の三選手。早くこの三人を軸としたチーム構成を。
IMGP0026-20150506.jpg

選手が去った後、監督と社長がサポの前に。
2015FC岐阜戦 (16)-20150506

和田監督が、弊害があって、自由に采配を振るっていない雰囲気が伝わってきた。

監督は「目標は変えない。あくまでJ1昇格」という。流石に、この結果であっても、サポを目の前にして、J1昇格は諦めたとは言えないだろう。

一方、社長は「監督を信頼しており、監督変更は無い」という。

監督は、「フロント・サポーター・選手は皆一緒に戦う姿勢で。引き続き応援してほしい」と訴えていた。若手を使えとの声には、「できるものなら若手を使いたいが、ベテランも使わざるを得ない。」との回答だった。

話の内容を文章にすると、録音していない限り主観も入るもの。従って、自身が話を思い出すように断片的に記しておく。

ただ、これだけは。

監督はサポーターに向かって声を張って話していた。一方、社長は終始声が小さく、何を話しているのか聞き取れない。何を話しているのか、聞いてもらいたくない、敢えて、「聞こえないように」しているのではとの疑念を抱く。

今日は奥川君のプレーが見れたことが収穫かな。次回も彼を見てみたいわ。

仮に、奥川君が海外クラブに完全移籍して、手に入った育成費で、使い物にならない外国人の獲得に走ったら、本当に嫌気が差すわ。
京都サンガFC | コメント:0 | トラックバック:0 |

観戦記(2015 JリーグDIVISION2 第11節 2015/5/3)  ザスパクサツ群馬戦

4月29日のセレッソ戦から中3日。今節はホームにてザスパクサツ群馬が相手。順位はあちらが上。格上挑戦となる。

結果は下の写真が現す通り。

頼む。立ち上がっておくれやす。

11節ザスパクサツ群馬 (3)-20150503

11節ザスパクサツ群馬 (6)-20150503

11節ザスパクサツ群馬 (5)-20150503

試合開始前の楽しみを記録。

フジヤマプリンさんのカレーを食べる。今年に始まったサンガカレーフ部だが、始めて口にする。おいしいカレーだった。

その後、コトノスイーツとして販売しているアランシアさんの抹茶シューアイスを食べる。こちらも美味い。
image(12)-20150503.jpeg

更に「ネコのシッポ」にてサンガ君を購入。甘い食べ物の名称に疎い私はその食べ物の正式名称がわからない。

「なんやら細長くて、甘くて、柔らかいパン。表面はクロワッサンみたいでサクサクの食感。その場で作っていて温かい食べ物。」と表現しておく。

「サンガ君ください。」との注文に恥ずかしさを覚えた。

サンガ君は紫芋を使っており、芋独特の甘みがある。美味しかった焼酎、赤霧島も紫芋を使っていて、ほんのり甘い。紫芋はスイーツから焼酎の材料となる等守備範囲の広いユーティリティープレイヤー。

最近は体調を崩していたが、徐々に回復しているようで、随分と「※かいぐい」がよくなってきた。

※競走馬が、餌となる飼い葉を食べること。飼い葉をよく食べるようになると体調良化のバロメーターとなる。人間とおなじですわな。

今節は、奥川君がベンチ入り。是非ともプレーを見たかったが、お預けです。
11節ザスパクサツ群馬 (16)-20150503

で、奥川君のアップの写真がないのは何故か。天皇賞春の馬券検討・購入手続きを並行していて写真撮影を忘れていた。

さて、試合内容について振り返る。
11節ザスパクサツ群馬-20150503

前半サンガペースで進む。CKから複数回、得点機会があったものの、ザスパのGKも当たっており、前半0-0で折り返す。
11節ザスパクサツ群馬 (15)-20150503

一方、サンガのGKの山田元気も安定感ある守り。試合を重ねる度に安定感が増している気がする。
ゴールキックは目立つミスもなく、個人的には贔屓目で見て既に平井コーチの現役時代の水準にあると思う。
11節ザスパクサツ群馬 (17)-20150503

あくまで贔屓目で見て。

後半開始から、バヤリッツァに代えて、佐々木が登場∩(´∀`)∩
11節ザスパクサツ群馬 (18)-20150503

福岡戦のような推進力のあるプレーを期待。期待に応えるプレーをいただきました。

その後は、息子に代えて、ダニエルロビーニョが登場。古巣相手のダニロビ。タイミングの合ったボレーを蹴るも、キーパーのファインセーブにあう。

しかし、ダニロビ周りとフィットしていないし、あまりボールが収まっていない気がしてならないのだか…。連携もまだまだでは。というか、現状連携取れている部分あんのか。

11節ザスパクサツ群馬 (14)-20150503

11節ザスパクサツ群馬 (13)-20150503

そして、またやらかしました。

84分にサンガの右サイドからオリベイラにミドルシュートを決められる。

オリベイラは切り替えして、切り替えして菅沼を交わしえてのゴールだったと思う。一人が悪いわけではないと思う。DFの初期対応のまずさが失点につながったと思われる。

表向きには、相手のシュートを賞賛しても、監督にはしっかりと反省材料にしてもらいたい。

結果は、0-1で敗戦。また黒星を重ねてこれで

3勝1分7敗

ど~なん?

次節は、駒井君・奥川君のプレーを見てみたいわ。

そして、オグリ決めてくれ。
11節ザスパクサツ群馬 (9)-20150503

最近、若手起用の傾向が見はじめた。現状、効果的な浮上の材料は見当たらない。敗戦するなら少しでも将来につながる収穫を残してもらいたい。

いつもの表情にて挨拶に来る。
11節ザスパクサツ群馬 (2)-20150503

そして、コイツらも頭を下げる場面も。
11節ザスパクサツ群馬 (8)-20150503

11節ザスパクサツ群馬 (7)-20150503

負けたところで、謝罪を求めているわけではない。
今は我慢の時期だとこちらも認識している。ただ、今を徒に過さずに、先にながるような策をとってください。

もっと若手を使ってください。

試合終了後は、5時から四条仏光寺の「栞」にて反省会。10時半まで長居してしまった。
サンガの昔話。チームに対する愚痴。今後のチームの展望。女子力の高め方等が話題に。
image(13)-20150503.jpeg

image(14)-20150503.jpeg

そして、人生の先輩方から様々なアドバイスも頂戴し、私の人生における反省会ともなりました。

が、サンガと同調する私は、反省材料を十分生かしきれない気もします(* ̄∀ ̄)ノ。

京都サンガFC | コメント:2 | トラックバック:0 |

観戦記(2015 JリーグDIVISION2 第10節:2015/4/29)セレッソ大阪戦

今節は、みんなが大好だと思う安藤淳が在籍するセレッソ大阪戦。アウェー応援席が完売と多くのサンガサポが駆けつけた。

まず、これを見てほしい。安藤淳 参考動画。時間1分15秒辺りからがハイライトです。


「絶対に昇格します。」との宣言通り、一人昇格されていきました。


長居に来るのは約半年ぶり。

昨シーズンに、鹿島対セレッソ戦のチケットをいただいた。中村充孝を見たい気持ちとセレッソイレブンのJ2降格の歓迎のお迎えにヤンマースタジアムに足を運んだ。

だだ、今回は隣の「キンチョースタジアム」。ピッチと近くてむしろ歓迎。

はじめに、セレッソ戦のチケット購入に尽力いただきましたサンガサポの仲間に感謝申し上げます。

「この度は、チケットのご手配ありがとうございました。」

仕事の遅い私。自身で用意していたら、もたもたして、ひょっとしたらチケットを購入できていなかったかもしれません。

今節の旅程は・・・・・・・。

前日に岐阜の山を下り実家に泊まる。朝、8時59分発の新幹線「こだま号」にて最寄りの田舎の駅を出発。朝9時、駅までは車で10分という近さにも拘らず、無駄に6時前に起床。万全の体調に挑みたいのだが、二度寝できない。

駅近くの喫茶店にてモーニングで朝飯。

出発駅
セレッソ10節-20150429

今回は、京都駅を通過。いつも京都駅止まりだからこの景色が珍しく感じる。
セレッソ10節 (2)-20150429

10時前に新大阪に到着。新大阪にてサンガサポ1名と落ち合い、地下鉄御堂筋線で動物園前まで行き、そこでまたサンガサポ1名と合流。試合まではサンガサポ3名で新世界の界隈を観光。

通天閣に登り、某サンガサポが絶賛するビリケンさんとの対面を果たした。
セレッソ10節 (4)-20150429

その後は、串カツを食べた後、アベノハルカスの近くまで行ってみたりと…。

田舎暮しに慣れ始めたこともあり、人と物の多さの非日常を味わう。新世界は、正にコテコテした大阪の雰囲気。食べ物屋には好感持てるが、生活の場には勘弁ですわ。

セレッソ10節 (5)-20150429

セレッソ10節 (7)-20150429

セレッソ10節 (6)-20150429

キンチョースタジアムに到着。まだまだ開門前なのに大勢のサンガサポがいる。
セレッソ10節 (8)-20150429

スタメシはたこ焼きを食べる。

セレッソ10節-20150501

セレッソ10節 (12)-20150429

スタジアムの周囲にはセレッソイレブンの選手旗が。勿論「安藤」と「染谷」の旗もある。
セレッソ10節 (10)-20150429

いわずものがな、フォルランよりも、安藤と染谷の方が、ワシにとって見る価値が高いわ。

写真撮影時に周囲には所謂「セレ女」がチラホラいる。

写真撮影をしているワシを近くのセレ女が奇異の目で見ている。
現在、私が住む田舎では、60代女性は、まだまだ若手の年代。
日常接する方々と年代が異なる。「じろじろみんなや(ーー゛)」

そんな状況下、キンチョールの心持(緊張の心持)で撮影。
従って、アングルやピントの合致など詳細を確認できなかった(。-_-。)

余談だが、サンガールに批判的だった方は、「セレ女は付けまつ毛の使い方がなっていない」との評価。
また、女子力研究家の某男性サポもセレ女には批判的であった。

セレッソ10節 (9)-20150429

ピントのズレた話はさて置き、腹ごしらえの後は選手の入場。

セレッソ10節-20150429-1

前節、Jデビューの元気、磐瀬や息子をはじめ、若手を起用。その路線には賛成。布陣は、前節の北九州戦と全く同じ。同郷の山田元気は今日もゴールマウスを守る。

練習風景。
セレッソ10節 (2)-20150429

セレッソ10節 (3)-20150429

セレッソ10節 (4)-20150429

オグリがリザーブ組みで練習する様子に違和感。
セレッソ10節 (5)-20150429

まずは、今節一つ目のヤマ場。セレッソ大阪の選手紹介。

ビジョンが近く、写りが悪いのが残念。後ろのサポの方が識別されないように画像をトリミングした。しかし、手が…w

ブwwwwwwwwww!
セレッソ10節 (13)-20150429

ブwwwwwwwwww!ブwwwwwwwwww!ブwwwwwwwwww!
セレッソ10節 (15)-20150429

そういえば、ガンバ大阪出身の為か、大黒の選手発表の際には、向こうサイドからブーイングが。

セレッソ相手に、このメンツでどこまでやれるか楽しみだった。

試合開始。
追加セレッソ10節 (7)-20150429

近時の京都サンガあるある。試合「入り方はまずまず」。前からのプレスで相手陣内にて試合を進める。

近時の京都サンガあるある。少し、いい雰囲気の中、カウンターを食らい失点する。

今回は、縦パスに反応した楠神を元気が倒してしまいPK献上。フォルランに決められ1失点目。
追加セレッソ10節 (9)-20150429

失点後間も無くサンガはフリーキックから智が詰めてゴール!!かと思いきや、オフサイド。

智、ゲットならず。

最近、元気株が急上昇です。一方、ハヤト株が暴落してます。押し目買いのチャンスですから次節あたり出場を。
追加セレッソ10節 (8)-20150429

そして前半2点目の失点。サンガの右サイドにてナミルが与えたファール。フォルランがシュート気味に蹴ったクロス?その逆の、クロス気味に蹴ったシュートが誰にも触られることなく、そのままゴールマウスに吸い込まれる。

後半は頭から2枚替。
宮吉→大黒。息子(和田)→山瀬。

オグリは後半2本ぐらい枠内にボールを蹴っていた。やはり、「違いを見せている」。但し、今年は出し手がいない。オグリには実に気の毒。
追加セレッソ10節 (10)-20150429

尚、オグリは終わったと言われながら、有馬記念で復活Vを成し遂げたわけです。

三失点目もセットプレー絡み。セットプレーの混戦から磐瀬がゴールライン前のハンドにて一発退場。
現場では、いったい何が起こったのか分からなかった。

PKをフォルランに決められる。

結果、3-0。全得点はフォルラン。ディエゴだらけのフォルラン祭りでした。
セレッソ10節 (17)-20150429

セレッソ10節 (18)-20150429

毎度のように、下を向いてやってきます。大阪だけに、毎度~ってか。
追加セレッソ10節 (13)-20150429

PK2点を含むセットプレーから3失点。元気はまだまだこれからの選手ですし、次回も元気がスタメンで頑張ってもらいたい。
追加セレッソ10節 (14)-20150429

試合後、新大阪にてサンガサポ三人で食事を済ませて、20時43分発のこだまにて新大阪を後にする。
セレッソ10節 (19)-20150429

自宅に帰ったのは、22時45分頃。敗戦した遠征は疲労度が増すものですが、それにも徐々に慣れ始めている。

----試合後の他府県サンガサポのコメント----
連戦が続きます。気持ちを切替えて、次のザスパ草津群馬の試合後の飲み会に向け、しっかり準備をしていきたいです。


京都サンガFC | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。