FC2ブログ

他府県サンガサポの暇潰し

京都サンガFCのホームタウン外に住むサンガサポ。紫魂を持つサンガ(仲間)に向けたホームページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【アウェー長崎戦 観光行編】

写真を中心に長崎での観光記録。

朝、諫早駅を出発。長崎市内へは普通列車で凡そ40分。
IMG_6115-20150713.jpg

長崎市内の移動は、路面電車。一日乗車券を500円で購入。しかし、一回120円と元々お値打ち。

路面電車で市内をウロウロするはずだったが、予定変更。

結局、元は取れず。
IMG_6181-20150713.jpg

宿泊先のホテルモントレ長崎。グラバー園近くが魅力で決めていた。

日曜日宿泊だったので、いつも以上にちょっぴり多めに宿泊費を払う。

ゲーフラもしっかりと乾かす。
IMG_6176-20150713.jpg

内装は、グラバー園での建物内と同じようなテイスト。
IMG_6174-20150713.jpg

大浦天主堂経由のグラバー園。
008-20150713.jpg

010-20150713.jpg

012-20150713.jpg

ついつい、この色を見ると。
013-20150713.jpg

014-20150713.jpg

三菱重工がイタリアの豪華客船を製造しているとのこと。
016-20150713.jpg

グラバー園内建物内装。どれがグラバー邸なのか分からない…。
019-20150713.jpg

023-20150713.jpg

028-20150713.jpg

これが、グラバー邸。
029-20150713.jpg

近くで、こんなものを見つけてしまった…。

ビ●ケ○のように写真撮影。

私が去った後、女子大生4人組がこの石の周囲に。

否、

ひょっとして、私が去るのを待って、女子大生4人組がこの石を取り囲んだ。

奴らに伝えたい。

「こんなもので、幸せは訪れるわけが無い!」と。

031-20150713.jpg

グラバー邸の温室?

自分にとっては、「ベニシア・スタンリー・スミス」の雰囲気。

実際、京都大原散策中にベネシア邸に下調べなく遭遇。で、あとから調べたらベネシア邸だったということ。

037-20150713.jpg

はい、ベネシアをご存じない方は↓
http://www.nhk.or.jp/venetia/about.html

路面電車での長崎観光を変更した理由はこれ。

軍艦島を訪問。

大浦天主堂にて、昨日会話を交わしたサンガサポと遭遇。「せっかくなんで、軍艦島にいく。」と言っている。

近くの港から船が出ているらしい。

ちょっと悩んだが、教えてもらったURLから船会社へ電話。

…予約一杯で、無理。との回答。

しかし、港から複数の船会社から船が出ているのでは・・・と考えて、港へ。

別の会社に声をかけられ、一人なら何とかなるかも。30分待って乗船決定!!!

こんな流れで、軍艦島ツアーに参加。値段は3,900円。
060-20150713.jpg

055-20150713.jpg

IMG_6146-20150713.jpg

当日は、台風による時化の影響で島には上陸できず。周遊をして軍艦島を見学した。上陸したところで、上陸スペースは限られているし、まぁ、これで良しとしたい。

どうしても上陸したい、とまでは思わなかった。

帰りの船内で、カステラ2枚にバニラが包まれたカステラアイスを購入。

これ上手いです。長崎観光の際には是非ご賞味あれ。
IMG_6168-20150713.jpg

で、ぼっち旅行あるある。

船内の隣の席には、同じぐらいの女性の方とそのオカンらしい女性が。アイスクリーム購入の際には、私を含め家族3人連れだと思われた。

隣の方に陳謝したい。

ぼっち出来てる私のせいですww変な空気にして申し訳ございません。


下船後は、ホテルに戻り近くで大浦天主堂の坂の下にある「四海楼」という中華料理店に行く。

まともに昼ごはんを食べていなかったから、少し早めの夕食。

どうやら、長崎ちゃんぽん発祥の地らしい。
お店は建物の上階にあって、長崎港が一望。

IMG_6177-20150713.jpg
ここで、記憶が蘇った。この店に来たことがある。

夢ではない。実は、高校の修学旅行先が長崎。
しかし、何も記憶になかったのだが、この店に連れと昼ごはんを食べに来ていた。

その後は、長崎駅に行き、予約していた長崎の夜景鑑賞バスに乗って展望台へ。

軍艦島帰りに寄った港で、空き時間に電話予約をした。

今は、ロープウェイが工事中であって、展望台への手段がバスやタクに限られている。

バスセンターにてバスの出発を待つわけだが、予約をせずに訪れる方が多数。

バスには、外国人や、ぼっちでいるおばちゃん、おっちゃんがいて、良い雰囲気だった。

069-20150713.jpg

085-20150713.jpg

087-20150713.jpg

096-20150713.jpg

これにて、日本三大夜景、函館・神戸・長崎をコンプリート。天候、時間帯にもよるとおもうが、自分は六甲山が一番良い夜景と思う。

眺望、夜景が広がる範囲、標高などの総合判断で。

下山後は、旅の楽しみ「酒場」探し。

旅行先で、チェーン店以外の地元の酒場に飛び込むことが楽しみ。

今回は、宿泊先近くを徘徊。

しかし、店自体がない・・・。

ひとつ店を発見。選択の余地はない。この店に入るしかない。

(写真は翌朝の様子)
IMG_6213-20150714.jpg

入るなり、無愛想な親父。晩飯を食べていたようで、歓迎されていない感じ。

負けられねぇ…。

ただ、今日は早目の撤収となりそうだ。

…どうやら活き魚主体のお店。水槽で魚が泳いでいる。敢えて、直ぐに注文をせず、ゆっくりとして向うの様子を伺う。

ビールやカワハギの刺身・刺盛等を注文した。

当初は無愛想であったが、一度会話を交わすと気さくに色々と長崎の話をしてくれた。

漫画の「美味いしんぼ」に掲載されたことがあり、その際には作者の前に事前に何人かが下調べに来ていたらしい。

許可を頂き撮影。
IMG_6206-20150713.jpg

印象に残った会話。
「長崎の人は、鮎を食べない。」「釣る奴が居ないから、そもそも観察料金は発生しない。」
「長崎はキリスト教徒が多い印象だったが、大多数は仏教徒。あくまで人口比でキリスト教徒の割合が多いだけ。」
「熊本や天草にもキリスト教徒が多い。」
「天草四郎は、多分ハーフという話。少年が大人をまとめて一揆を起こすなんて、それなりのカリスマ性が必要で、外国人の雰囲気あるから一揆のリーダーとなれた。」

結局、日本酒飲んだり、フラフラとなって帰った。

宿泊先はオランダ坂の近く。翌朝少しだけ寄っていった。
IMG_6210-20150714.jpg

帰りは、特急ツバメ。諫早湾を博多方面に。
IMG_6220-20150714.jpg

博多駅では、昼ごはんに博多ラーメンを食べる。

駅前の山車
IMG_6225-20150714.jpg

博多駅からは地下鉄で福岡空港へ。

九州での遠征に利用する為、なんか、福岡空港はセントレア並みに慣れてきたwww。当初不安だった飛行機もちゃんと飛んだ。

長崎観光は以上。


スポンサーサイト
京都サンガFC | コメント:0 | トラックバック:0 |

観戦記(2015 JリーグDIVISION2 第24節:2015/7/18)セレッソ大阪戦

今節は、三連敗で迎える上位セレッソ大阪戦。

前座試合があり、黒部光昭を中心とした「サンガレジェンズ」と「関西レジェンズ」が対戦。
黒部はサンガの天皇杯制覇の立役者。
IMGP1088-20150718.jpg

その後、チームのJ2降格後1年は在籍していたが、日本代表に選ばれたいという思い(…だったと記憶している)から、セレッソに移籍。その後、浦和、千葉、福岡、富山、タイのチームを渡り歩いた。

私目線では、サンガの試合を見始めた頃に活躍していた選手。
気にはなっていたが、移籍以降、ガテゴリーの違いもあって、黒部の動向はあまりわかっていなかった。

京都退団後、年月が経過しているにも関わらず、このような引退試合が開催された。

クラブで功労者を称えることは、良い事だと思う。

当時の選手時代を知るサポは、昔を懐かしみ、改めてサポ暦を確認し、今まで過ごしてきた時間でのサンガの存在の大きさを再認識すると思う(それは、同時に自分が年をとったということも改めて実感)。

一方、当時を知らないサポは、クラブの歴史を知る機会になる。…ひょとしたら、自分の知った選手が引退試合を行うまでサポを続けようと思うかもしれない。

テレビを通してだが、天皇杯決勝、鹿島戦での黒部の左足での勝ち越しゴールはシビれたね。

近年、準優勝した際の天皇杯、横浜マリノス戦の工藤の左足の同点ゴールは、舞台が天皇杯であったこともあり、黒部のゴールを思い出したわ。

当日は、天皇杯でのゴールをデザインした黒部Tシャツも発売。

昔を懐かしむこともいいが、「懐古主義になってはいけない!!私は、未来思考です。」と営業の久保さんに話す。

もっとも、天皇杯制覇時のミズノユニ(背番号10番 松井大輔)を当日着ておりましたがw

【前座試合の様子】

「西川君~」。あるある探検隊でなく、中払大介。
IMGP1084-20150718.jpg

IMGP1087-20150718.jpg

ゲルト・エンゲルスも登場。
IMGP1086-20150718.jpg

当時、白星続きの時には、仲間内で『エンゲル係数上昇!』とか言っていた。
IMGP1085-20150718.jpg

IMGP1089-20150718.jpg

IMGP1090-20150718.jpg

さて、現役世代の試合です。

前座のような和やかムードはない。切迫したチーム状況。

サンガ応援開始から14年目。その間の成績は下降トレンド↓↓

試合開始前の順位は20位とJ3降格の可能性も現実味を帯びてくる順位。

何とか勝ち点1でも拾っていくしかない!

今回は、シモダ軍団の隊長である「下畠翔吾」がCBでの登場。
IMGP1092-20150718.jpg

久々に、オグリがベンチ。思い切った。

宮吉・有田の2トップ。駒井・伊藤優汰のサイド。原川・田森の2ボランチ。内田・バキ・下畠・磐瀬のDF。GKは元気でなく、清水。
田森・バキ以外は20代。今シーズンで一番平均年齢が低いメンバー。

個人的には、「勝ち点1を拾えたらよし」と思いながら望んだ試合。
IMGP1091-20150718.jpg


IMGP1113-20150718.jpg

しかし、(* ̄∇ ̄)ノ”

開始2分にいきなりサンガが得点。

有田が納めて、宮吉にパス。宮吉シュートをGKがはじく。これを伊藤優汰が左足でしっかりと決める。

おいら、興奮して隣の男の子を担ぎ上げてしまったよ!

試合全体を通して、走る!走る!!

有田と宮吉の前からのチェーシングが効果的でセレッソは攻撃のテンポを作れていない。

前からのプレスいいね(^^♪!

それから、伊藤優汰が激走(;´Д`A ```

右サイドでDF置き去りの局面も。ただ、最後のクロスにはまだまだ改善の余地ありますね。

大御所からの批判を恐れずに言います。個人的には「原川さん走ってます?ど~なん?」と思っていた原川も走っていた。

前半は、1-0で折り返す。

ハーフタイム中には、黒部の引退セレモニー。また、サンガで指導者として関わることを期待している。
IMGP1093-20150718.jpg

後半はセレッソの攻撃に耐える時間も多くなった。

IMGP1094-20150718.jpg

高さでは分が悪く、CKは毎回ハラハラしていたがバキさんをはじめDF陣も大きなミスもなかった。

途中で伊藤に変えて石田。駒井からのパスを受けフリーでありながらも枠に飛ばさなかったり、セットプレーで見方の意図を感じなかったりと今ひとつ。

交代で入ったナミルさん・オグリは緩慢な印象だった。ナミルさんはありえへんパスミス。オグリはもっと前から追ってくれ。
IMGP1117-20150718.jpg

IMGP1115-20150718.jpg

IMGP1114-20150718.jpg

IMGP1112-20150718.jpg

IMGP1105-20150718.jpg

一番肝を冷やしたのが、酒本のロングシュート。

ゴールに吸い込まれる軌道

・・・・・・・(゚_゚i)・・・・( ̄Д ̄;)・・・(゚_゚i)・・∑(゚□゚;)・・・・(。□。;)・・・(;゚□゚)・・・・・・長い滞空時間・・・・・・

・・・・・・清水がファインセーブ!!

あぶにゃぃ。((ミ ̄エ ̄ミ))

4分のロスタイムを経て、金沢以来の久々の勝利!!
IMGP1118-20150718.jpg

それから、染谷は終始ブーイングを受けていた。特に後半はサンガサポ席の近くでプレーしていた為、声も大きく、試合終了までサンガサポは気を緩めることがなかった。
IMGP1104-20150718.jpg

約14,000名の方が観戦。10,000人超えているのに勝ってしまった。いつもは、負けるのに。
IMGP1095-20150718.jpg

試合開始前は勝ち点1でも取れたらラッキーと思っていたが、結果は勝ち点3。

IMGP1097-20150718.jpg

IMGP1098-20150718.jpg

IMGP1099-20150718.jpg

これで、降格圏から抜け出したかと思いきや、ライバルチームもしっかりと勝っている。まだまだ気が抜けんわ。

最後に。レジェンドマッチでお笑いゴールキーパー水谷が見たかったわ!!!

【おまけ】
翌日、サンガタウンにステップアップリーグを見に行った。そのときの写真。
IMGP1107-20150719.jpg

IMGP1083-20150719.jpg

IMGP1108-20150719.jpg

IMGP1109-20150719.jpg

なんか、西日が切ないわ。

IMGP1082-20150719.jpg

IMGP1111-20150719.jpg




京都サンガFC | コメント:0 | トラックバック:0 |

観戦記(2015 JリーグDIVISION2 第23節:2015/7/12)V・ファーレン長崎戦

次節セレッソ戦までにはブログを書いてしまわなければ( ̄ω ̄;)…そんな、焦燥感に駆られる。

多少時間があったので、福岡空港のラウンジにてブログを書き始めたよ。周囲は、お仕事の方々が忙しそうにパソコンを打ってます。

ご苦労様です。

ワシは遊びでパソコン触ってまっせ(○゚ε゚○)。
ビジネスのラウンジで遊びブログを書くという「背徳感」に心地良さを感じる。某、サンガサポも平日に私服でサラリーマンのスーツに囲まれながら、町をウロウロする背徳感がたまらん、と言っていたのもある程度理解できる。

今回の遠征。台風11号の接近により、予定変更が懸念されたものの、無事に予定の交通手段にて遠征ができた。

まずは交通手段を記録。

岐阜羽島駅→名古屋駅→名鉄名古屋駅→中部国際空港→福岡空港→博多駅→諫早駅

nagasaki-20150715.jpeg

nagasaki (2)-20150715

nagasaki (27)-20150712

今回も、遠征を支えるLCC「ジェットスター」にお世話になりました。
nagasaki (26)-20150712

nagasaki (3)-20150715

電車の乗車前にクロワッサンを購入。いい臭いを振りまいていたし、多くのお客さんが並んでいたこともあり、思わず買ってしまったよ。
nagasaki (25)-20150712

「特急かもめ」に乗車。
nagasaki (24)-20150712

nagasaki (23)-20150712

車内は和室の雰囲気。窓には障子を模した日よけ。

パチスロ経験者は分かるだろう。

吉宗の液晶の前にあるよう感じの障子です。
nagasaki (20)-20150712

車内にてクロワッサンを食べる。
nagasaki (21)-20150712

途中、鳥栖駅を通過。ベストアメニティスタジアムが直ぐ傍にある。
同スタジアムへの予行練習ができたが、サガン鳥栖との試合はもう少し先でしょう。
image(34).jpeg

田園風景が続いたのち、左手には諫早湾の車窓。

電車に揺られること凡そ一時間半。目的地の諫早駅に到着。
nagasaki (19)-20150712

諫早駅からは、徒歩で宿泊先へ移動してチェックインを行う。

ここから試合開始までは、何かとトラブルが重なった。

トラブル1.宿泊先のトイレ。


ウシュレットを利用。「止」ボタンを押しても止まらないw。

「(´へ`;このままでは、オケツが防戦一方。席を離れるべきか否か
…しかし、席を立った瞬間にウシュレットの放水銃の餌食となってしまう。

…「(´へ`;まさに、「考える人の像」の体制で思案していたら、何とか止まってくれた。

紙一重の戦い。

トイレだけに。

あと数秒止まるのが遅ければ、悲劇を招いたかもしれない。

トラブル2.傘の損傷及び目的地まで遠回り。


徒歩にて長崎県総合運動公園陸上競技場へ。
(思わず、「・・・総合運動公園陸上競技場兼球技場」と名称が続くものと先入観を持つ。)

歩くか、駅に戻りシャトルバスか。どちらかの選択を迫られた。

徒歩で直接スタジアムへはスマートホンにて30分の表示。

歩きを選択。

しかし、結果的に選択を誤った。

歩き始めて直ぐ雨が降り出す。昨日買った折りたたみ傘を使う。

台風接近で風が強かった…
開始3分で傘がオシャカに。

続いて…道を間違える。

スタジアムはちょっとした山にあったんだが、途中で逆方向に進んでいたことが判明。結局ひと山を一周することに。

予定時間を大きく遅れて、ようやくスタジアム到着。

平地生まれの私にとっては、長崎は不便な町だ!!。

自分の一本後の電車で向かっていたサンガサポはスタジアムに先着していた。遅れの理由を話すと。

「それ、去年僕もやった。」とのこと。

このスタジアムへは、徒歩は危険。


徒歩だとトホホ・・・とシャレにならない、悲劇を味わう懸念があります。

選手登場の際、またまた失態が判明。

トラブル3.デジカメにSDカードが入っていない。

以下、多くの写真は『ビ○ケ□さん』が提供してくれた。

尤も、山田元気の写真のように、相当雨が降っている。
この雨だから、一眼レフはほとんど使わなかったでしょうけど(;´▽``。

nagasaki (18)-20150712

坊主。シャバに出てきた、、、。ではなく、おそらくは、監督交代に責任を取っての、、、。ただ、キャラ被りを回避したのか、ビッツまではいってない。
nagasaki (10)-20150715

nagasaki (9)-20150715

この雨でも、トサカに崩れなし!!!
nagasaki (8)-20150715

nagasaki (7)-20150715

nagasaki (6)-20150715

nagasaki (5)-20150715

nagasaki (4)-20150715

今節からは、石丸監督が初采配。予想はしていたが「♪バーモ、バモ、バモ、石丸〜」のチャントを歌う。

先発メンバーは、やはりいじってきた。

石田、清水、宮吉、原川、そして、下畠がスタメン器用。ショーゴのスタメンの試合に観戦できたことを嬉しく思う。

ただ、最近、同郷の山田元気を推していることもあって、少し残念だったりもする。

試合の内容は、、、、。

前半は、右サイドで駒井が仕掛ける。左足シュートでポストを叩くシーンも見られる等、早い時間帯はサンガのペース。
途中まで、長崎のシュートはゼロ。

しかし、前半30分過ぎから、徐々に長崎にもチャンスが到来。前半は2本ぐらい失点が危ぶまれるシュートを打たれた。

アップの最中に戦況を見守る元気。相手がフリーキックを蹴る前です。
nagasaki (15)-20150712

前半は0-0で折返す。
nagasaki (16)-20150712

試合開始前の大雨で、スタグルから隔離されたアウェー席は兵糧攻めを喰らっていた。

雨も多少は弱くなっていた為に腹ごしらえにスタグル購入へ走る。

ハーフタイムには焼きソバとビールを購入。
nagasaki (14)-20150712

後半開始。

後半も相手を上回るポゼッションにて試合が進む。ただ、決定機の無さは相変わらずで…。

そして後半28分。試合が動いた。

京都のコーナーキックを長崎がクリア。クリアを古部につなげられロングラン。長崎陣内からサンガ陣内へ突き進む。

そして、左サイドにて勝負あり。

宮吉のスライディングが不発におわり、このままゴール前に運ばれ、前田に得点を許す。

この失点シーンよく見る気がする…。
「サンガのコーナーキックからカウンターを喰らって失点」。
4失点で敗北を喫した、ホーム長崎戦でも同じ様なシーンが。
宮吉が一発レッド(・_・)ノとなったシーン。

今節は、この失点が、決勝点となって1-0で敗北。

石丸体制の初陣は敗戦


試合終了後は、時間に余裕があることでバス待ちを。

ビビ君が愛想を振りまきに来るがシカト。ただ、写真はしっかり撮影。
nagasaki (12)-20150712

石丸監督が登場。

握手。「ご自身の現役時代の成績までチームを持っていっていただくことを期待してます。」と、声をかけた。
ご自身の現役時代の成績→天皇杯優勝、J1での年間順位5位。

思い返せば、厳しい要求かも。

その後、ゲーフラを持っていたら駒井君登場。ワシが声をかける前にこちらに向かってくる。

「駒井君、ゲーフラにサインしてください。」と声をかけたら快くサインに応じてくれた。

「今日は、すみません。」と言われ、「あやまらんでええって。次頑張ってくれ。」「頑張ります。」との会話。

ええ感じで、サインを頂きました。
nagasaki (11)-20150712

その後、ぼっち参戦の私をご飯に誘ってくれて4人で打ち上げ。敗戦…トンネルから抜け出せないチームの低迷…もはや何に乾杯か分かりません。
image(32).jpeg

翌日は、長崎市内へ移動し長崎市内で宿泊。帰路も「行き」と同じ経由にて帰ったとさ。

長崎観光編は、時間に余裕があったら、気が向いたら、サンガが勝ち点3を取ったら、書こうかな。
京都サンガFC | コメント:0 | トラックバック:0 |

観戦記(2015 JリーグDIVISION2 第21節 2015/7/4)  ファジアーノ岡山戦

昨年に続き、kankoスタジアムから名称の変わった、シティーライトスタジアムに乗り込む。

今回は、京都駅まで新幹線、京都駅からは同志と合流し車で移動。
合流の際に、先日頂戴した例のサングラスを着用して登場。
装着している本人より、隣に居る方の方が恥かしいようです。

今後も、頂いた気持ちを蔑ろにしないように、極力装着したい。

しかし、当日はサングラスなど不要な雨。雨もあってか、高速道路は渋滞無し。いつも混雑している名塩IC付近もスムーズ。

見づらいが、こんな雨で岡山に到着。
okayama-20150704.jpeg

到着後は、ファジフーズを堪能。昨年も見たこの看板。
okayama (2)-20150704

okayama (3)-20150704

津山ホルモンうどん、ファジ丸タコステリヤキチキンを食べる。
まずまずの味です。

「まずまず」と表現するのは、そんなに暖かくなかった為。当日は雨が降っており、肌寒さを感じていた。
okayama (4)-20150704

okayama (5)-20150704

okayama (6)-20150704

最後に、同行したサンガサポから、中村軒の「水無月」を頂く。

京都に関連する書籍には、京都人はこの時期にこの御菓子を食べると書いてあった。

季節に季節のお菓子を食べる。京都人の粋らしい。それをお持ちいただくとやはり「粋な京女」ですな( ´ ▽ ` )ノ
okayama (7)-20150704

しかも、麦代餅で有名な中村軒です。以前、桂離宮を訪れた際に、訪問したことがある。

【参考 中村軒】
http://www.nakamuraken.co.jp/wagashi.html

ファジフーズも良かったが、味もさることながら、この時期に水無月を頂くといった付加価値も加わり、私としては、ファジフーズを上回りました(≧∇≦)

流石。ポイントを抑えていらっしゃる!!
選手の妻であり料理研究家としても著名である方と日常絡んでおられ、このチョイス、伊達ではない(* ̄∇ ̄)ノ”

( …これぐらいの、ヨイショでよろしいでしょうか(*^_^*)…)

マジ上手かったです。あざーず。

試合開始が近づくが、雨は一向にやむ気配なし。

スタジム到着後は終始雨宿りをしていたが、選手入場の時間も近づき、アウェーサポ席に移動。

選手の登場。雨はまぁまぁ降っている。そして、寒い。
okayama (8)-20150704

選手は寒い中で戦う。選手と伴に戦ってこそのサポーター。自分も寒さを堪えてビールを飲む。
okayama (9)-20150704

今節は、防滴機能のある一眼レフでも故障の懸念あるレベルの雨。写真は主にiphoneでの撮影。


今節のメンバー・布陣は前節と同じ。

「ちぐはぐな入りをするんじゃねぇ~ぞ」
okayama (10)-20150704

試合開始後、いきなりの決定機。

大黒が駒井からパスを受ける。前節、佐々木のゴールを演出したようなパスを大黒へ。

大黒、キーパーとの一対一。

チャンス!
∩(´∀`)∩


ゴール左へシュート。

なんと外れる。
( ̄■ ̄;)

これは…「魚群リーチ」を外した感覚。
(´・ω・`)

その後、コーナーキックからのバキのヘッドも枠を外し、2点を逸したよう。

試合開始から暫くの時間は、サンガペースにて進んだ。

ただ、これは嫌な流れでもある。

今節もやはり、と言うべきか、先制点を謙譲。
キムナミルのクリアを拾われ、篠原がミドルシュート。味方がブラインドとなってか、山田元気の脇をボールが抜けていき、27分にゴール献上。

はい、「試合の入り良かったあるある」。

エンド代わり57分。元気とバキの連携ミスと思われる失点。スルーパスを受けた片山から矢島にパスが出て、2失点目。

サンガは、交代した有田が頭で枠を捉えるシュート、大黒のクロスバーを叩くFK、永島の左からのシュート等、見せ場を作るも、得点には及ばす。
okayama (11)-20150704

はい。勝利の喜びも一週間で終了。引き分けに持ち込むはずも無く、黒星を重ねる結果に。


okayama2 (6)-20150704

「岡山さんよ~、サッカーでは2点リードが一番危険いいますやん(o ̄∇ ̄o)」

ちょっとだけ、ちょっとだけだけよ。

途中まで、昨年の逆転劇を期待した自分が浅はかだった。

okayama2 (5)-20150704

okayama2 (4)-20150704

金曜、サポーターと社長とのミーティングにて、選手に対するヤジがモチベーションの低下に繋がっているというような話題があったらしい。それを受けてか、サポーターからはネガティブなコメントは殆ど無し。

最後は、「京都サンガ」コールで終了。


社長。「これが、お望みの応援の形ですよね?」。

okayama2-20150704.jpg

「京都サンガ」コールを聞きながら、サポに背を向けて離れていく選手達。私が確認できた限り、駒井のみが振り向いた。







帰りは、車内で、あ~だの、こ~だの。

セレッソ戦のサンガレジェンズ対関西レジェンズに向けたチャント練習。

その他、ど~だの、こ~だの、他愛の無い話をして帰った。

(^ハ^)ッ! 負けたことを忘れていたよ。


皆で行く遠征は、このメリットがありますな。

来月の磐田遠征はぼっち遠征なんで、なんとか勝ち点拾って欲しいわ。

京都サンガFC | コメント:0 | トラックバック:0 |

観戦記(2015 JリーグDIVISION2 第20節 2015/6/28)  ツエーゲン金沢戦


今回は、J2昇格1年目にして2位につけているツエーゲン金沢戦。

はい。格上挑戦です。

今回は、金沢に行ったついでに、サンガの試合があった体で臨む。

移動手段は車。自宅から片道約160km、2時間といったところ。金沢市西部緑地公園に車を止めたんだが、近隣でアイスショーやら催事が行われるやらで混雑。なかなか駐車できなかった。

12時半にようやく車を止めることが出来た。その後、タクシーで近江町市場へ。

海鮮丼、食べた。
kanazawa40-20150628.jpeg

kanazawa41-20150628.jpeg

その後、主計町(かずえまち)茶屋街へ。お茶屋さんが並び、上七軒や祇園のような雰囲気。

kanazawa 3

kanazawa1.jpeg

雨が降っており、喫茶店「土家」さん、にて雨宿り。入り口には一見さんお断りの雰囲気だったが、数的有利を生かして突破。たまたま、お客さんもおらず貸切状態。
kanazawa2.jpeg

飲み物をオーダーすると、お菓子がついてくる。その後、店主の計らいで追加のお菓子も頂いてしまいました。
kanazawa4.jpeg

二階からの風景。浅野川を見下ろし、桜の木を自分の目線で見ることが出来る。

桜の季節は尚よいことかな。
kanazawa.jpeg

店主の優しさ。

かつて、お茶屋さんであった雰囲気を残す日本家屋。

壁には三味線かけが設置してあり、当時を忍ばせる。

それでいて、掃除の行き届いた綺麗な店内。床の間には季節の花が生けてある。

古い町家をリメイクしたとのことだが、昔の雰囲気を残しつつも、古臭さは微塵も感じない、美しい店内に時間を忘れ、くつろいでしまった。

unnamed-20150702.jpg


お店玄関の引き戸を引きながら・・・・「次回、このカフェに訪れることを、金沢再訪の1番の目的としてもいい・・・。」

などとは、一切思わず、戦地の西部緑地公園陸上競技場へ三人で向かった。



スタジアム直結のシャトルバスに乗るため、金沢駅に。
kanazawa6.jpeg

kanazawa5.jpeg

金沢駅ではツエーゲンサポがお出迎え。

ホスピタリティーのレベル高すぎ!むしろ恐縮してしまう。松本サポといい、地方都市のサポはいい人が多いと思う。

kanazawa7.jpeg
バスに乗り込み出陣。

到着後、雨は激しさを増す。だた、同行のサンガサポ「先週よりマシ。」

前節テレビで見てましたが、それは否定しない(^^;;

雨宿りしつつ、スタメシを食べる。蟹入り、クリームソーススパゲティ。

うまし。
kanazawa9.jpeg

ライスボール。これまた、うまし。
kanazawa8.jpeg

・・・西京極では、カレー以外に何を食べたらいいんだ。

試合開始が近づく。雨だが行かねばならない…。同行のサンガサポ、紫の合羽を着て戦闘の身支度を始める。

ココで、トラブル発生!!


コウヘイの合羽から異臭が!

どうやら、先週の雨で合羽が濡れ、干し方が甘かったらしい。

臭いを嗅ぐ・・・。

マジくせえ!!。

サラリーマン経験も長くなった。
こういった場合は、気配りして、

「いや、大丈夫やろ。」
「そんなに臭くねぇぞ。」
とフォローするのが、定石。

ただ、今回は・・・フォローできない。大丈夫、臭わんぞ。は、寧ろイヤミ( ̄▽ ̄)


index.jpg

「敢えて言おう。(その臭い)カスであると!!」

改めて実感。

雨天観戦後の乾燥は大切であると。


スタジアムに入り、選手入場を待つ。

その前に「ゲンゾー」が登場。
kanazawa10.jpg

おいで~~
kanazawa13.jpg

やす。
kanazawa14.jpg

雨で濡れてめくれない

神の手登場

三本目の手

千手観音!!

kanazawa16.jpg

kanazawa12.jpg

河原町に
kanazawa 11

飲みに行ったよ
kanazawa15.jpg

たぶん、こう言いたいのでしょう。

ナミルさんは「河原町に飲みに行ったよ。」ではなく、我々の声援に応える。
kanazawa17.jpg

今日は、マサも帯同。
kanazawa20.jpg

最近、人気急上昇の元気。「元気~、岐阜からきたで~。」
kanazawa21.jpg

kanazawa23.jpg

雨は降っているが、先週よりマシ。ボールは転がっている。
kanazawa18

金沢で観光したし、あくまでついでに試合を眺めて帰るか・・・。

とは、言っていたが、観戦する限り、下が上に一泡吹かせる、下剋上を期待。

kanazawa29.jpg

試合開始。も、束の間、開始3分で順当にサンガが失点。

呆れたよ。ゴール前に人居なさすぎ。ゴールの裏側のネット越しにシュートする選手を見ていたが、ガラガラでしたわ。

当日、宝塚記念があったが、ゴールドシップが飛ぶ波乱。しかし、この試合はやはり順当にサンガが負けるのか・・・そう思い気や、これから小波乱。

25分、大黒がPKを獲得し、自ら決めて同点。

大黒にパスを出したのは、久々の登場、ファン・ジンソン

それから、32分に大黒が頭で決めて、2点目。

さらに、さらに、佐々木はやと~~~~!駒井君のパスを受けて、右足でシュート。
一度は、キーパーに弾かれるも今度は左足できっちり決めた。

やっぱ、佐々木はやと、ええわ。

なんと、前半に3点も取ってしまった。

この試合、バキをはじめ、大黒、佐々木、ファン・ジンソン、ナミル、石櫃。30超えた選手が頑張りましたわ。
kanazawa22.jpg

息子。今日は、よく走ったし、縦パスも入れていた。
kanazawa24.jpg

ジンソンに代わって、有田。
kanazawa25.jpg

kanazawa27.jpg

オグリに代わり
kanazawa26.jpg

永島デビュー
kanazawa28.jpg

後半は、得点無しだったが、失点もせず、結果は1-3で勝利

3月、開幕戦以来の、目の前での勝利です。
kanazawa30.jpg

今日は、磐瀬剛の誕生日。お誕生日のお歌を合唱。

磐瀬もそうだが、雨の中、日曜ナイトゲームにわざわざ金沢にまで駆けつけるサンガサポも全くおめでたい奴らだわ。

kanazawa31.jpg

永島選手
kanazawa32.jpg

今節の勝ちで、次節岡山戦も行くことにした!!次回も勝ってくれ!
kanazawa33.jpg

駐車場を出るのに多少往生した。

スタジアムを出たのは21時30分。帰宅は23時半頃でした。

帰宅後、試合の録画を確認。

オグリのインタビューで、「試合の入り方が悪い。まずは、駒井を目がけて蹴ろうと言ってたのに、いきなり後ろがつなぎだしたんでね。こんなちぐはぐなことをしていたらいかん。入りが悪すぎる」とのこと。

大黒様、ごもっとも。







京都サンガFC | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。