FC2ブログ

他府県サンガサポの暇潰し

京都サンガFCのホームタウン外に住むサンガサポ。紫魂を持つサンガ(仲間)に向けたホームページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

観戦記(2015 JリーグDIVISION2 第42節 2015/11/23 対  水戸ホーリーホック戦)

遅くなりましたが、最終節の記事を。

本日27日、公式からはテソン、タモさん、ハヤトの三名が契約を更新しないとの発表。

契約の更新をしないなら、「風呂タモリ」の企画はさっさとやっておけ!と思うんだが…。

最終節を迎えるにあたり、中山博貴選手の引退が発表された。

サンガ一筋で苦楽を伴にしたヒロキを見送りに西京極へ。

そして、駒井はレッズ移籍の記事もあって、サンガユニの駒井を見ることも最後となるかもしれない。

今節、ヒロキはベンチ入り。バス待ちでヒロキのチャントを歌う。

この状況で、これ以上に感傷的な歌は無い。
IMGP3376-20151123-161131.jpg

勿論、ヒロキはアップに参加。
IMGP3400-20151123-134203.jpg

京都の寺院にある「曼荼羅」サイズのヒロキゲーフラ。
大日如来の如く「15」
IMGP3377-20151123-134114.jpg

勝って、ヒロキの引退に華を添える。そんな気持ちで試合に臨んだ面々。
IMGP3392-20151123-142530.jpg

しかし前半、本当に今年を象徴する内容。
チャンスらしいチャンスも無く、水戸に綺麗にDFを崩されて失点。
1点ビハインドにて折返し。

「キャプテン駒井」もイライラしている様子。
IMGP3394-20151123-144840.jpg

後半、エンド代わり、その駒井が同点弾。右から石櫃がゴールへ斜めに切り込みシュート性のクロス。駒井がスライディングにて水戸ゴールへ。
正直、駒井が触ったとは見れず、石櫃のゴールと思った。

左前の応援席では「ビツ」ゲーフラが揚がる。
|―――― |
|_ビツ_ |
|┐(´-`)┌| 

しかし、駒井のゴールということでしたヽ(´∀`)ノ

見納めかもしれない、駒井。

ヨシアキがクル━(゚∀゚)━!
IMGP3396-20151123-160226.jpg

ヨシアキが、クル━(゚∀゚)━!  クル━(゚∀゚)━!
IMGP3395-20151123-160226.jpg

ヨシアキがキタ━(゚∀゚)━!
IMGP3397-20151123-160226.jpg

ヨシアキが、キタ━(゚∀゚)━!  キタ━(゚∀゚)━! 
クロス上ゲル━(゚∀゚)━!
IMGP3398-20151123-160227.jpg

ヨシアキ コネ━━━━(゚д゚;)━━━━!!
やはり、最後の精度が課題のようで。本人も頭を抱えておりました。
IMGP3399-20151123-160230.jpg

そして、後半ロスタイム。

待ってたヒロキがピッチに登場。

学生時代は、渡邊●剛、ヒロキが登場した際は、「ヒロキとか●剛とか出すなや~。」と言ってはおりましたが、その後ヒロキはサンガを象徴する選手にまで成長。後者はブーイングを浴びる代表格の選手に。

駒井がキャプテンマークをヒロキに。
IMGP3390-20151123-161125.jpg

IMGP3393-20151123-161201.jpg

短い間の出場。ボールを追うよりもヒロキの動きを目に焼き付ける(。-_-。)

途中出場の大黒の惜しいシュートがあったが、このままドローで試合は終わるかと思った…。

♪ところが、奇跡か、神がかり。

CKから大黒様がヘッド…。放物線を描いて…水戸ゴールへ吸い込まれた(;゜0゜)

大黒様、やはり持っているヽ(≧∀≦)ノ

これで勝ち越し。

ヒロキも混じりゴールを喜ぶ(*σ´Д`*)(´∀`*)(*’U`*)
IMGP3383-20151123-161604.jpg

最終節にギリギリで勝てました。
IMGP3388-20151123-164400.jpg

試合終了後の引退セレモニー。ヒロキの京都サンガを愛する気持ちが伝わるコメント。

J2降格時、主力選手が移籍する中、真っ先にヒロキはサンガへの残留を表明。「MR.サンガ」と言われる所以もココにある。

「まだ、サッカーをしたい気持ちがありますが、僕の膝はボロボロでした。」聞いてはいたが、泣けてきたわ(つω-`。)。

IMGP3381-20151123-165254.jpg

ヒロキへのメッセージが掲げられていた。
IMGP3389-20151123-163612.jpg

ヒロキ。本当にお疲れ様でした。
IMGP3378-20151123-170630.jpg

そして、次の関心ごと。駒井は移籍か残留か。

移籍についても言及する駒井。「自分の信じる道を進む」。

まだ決まってはいないと言う。

正直寂しい思いがあるが、ただ、仕方が無いというか、已むを得ないと思う。
もっと上に行ける選手。駒井もサンガに十分尽力した。


「こんな迷走するチームにいつまでもお付き合いさせるのは酷」
「サポとしてはダダをコネてはいけない」

↑これが、私の思い。

駒井は高いレベルに挑戦してもらいたい。どこまで成長していくのかも見てみたい。

IMGP3380-20151123-170255.jpg

ユニの組合せは、ホーム駒井、アウェー中山と続きましたが…次回のユニホームの番号選択には悩みます。
IMGP3401-20151125-184951.jpg

もしか、もしかしてですが、可能性は少ないですが、「浦和サポ」になってるかもしれませんし。

そして、最終節にして今シーズンのベストショット。

サポ席へ駆け寄る選手。

先頭はオグリ、外からコマイヨシアキとイシビツが追い込んでくる。その後、遅れてミヤ・ヒロキもやって来た。

IMGP3386-20151123-161305.jpg

こう加工すると物悲しいね(=∀=)
IMGP3386-20151123-161305_201511272142548b4.jpg

来シーズンは喜ぶ機会が増えるといいですな。

サンガサポの皆様、シーズンオフは日々公式ホームページを確認して移籍に関して一喜一憂しましょう(*´~`*)
スポンサーサイト
京都サンガFC | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。