FC2ブログ

他府県サンガサポの暇潰し

京都サンガFCのホームタウン外に住むサンガサポ。紫魂を持つサンガ(仲間)に向けたホームページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

駒井善成 移籍のお知らせ

ボッチで飲み屋にやってきて、公式ホームページを確認。

駒井の移籍を知る。

酒が進みそーやわ。

つづきは後日ってことで。



昨日の続き。

ミスチルの歌に。「…口に出すと悲しみは、次の悲しみを生むだろう。」なんて歌詞がありますが。

ヒロキ引退のときに、駒井善成の移籍に言及。現実化した訳です。

過去、松井大輔、黒部光昭、斉藤大介、パウリーニョ、渡邊大剛、柳沢敦、中村充孝、に関しては移籍を知ったとき気分が沈んだわ。

ただ、間違いなく、駒井の移籍が一番の衝撃だった((((;´・ω・`)))

移籍とは縁遠いと思っていた選手。


タウンに行った際に、駒井とこんなやり取りをした。

G氏「駒井君。日本代表を目指してや。応援してんで。」

駒井氏「はい。代表目指します。」

G氏「但し、サンガの選手としてやで!」

隣のサンガサポ「それ大事!」

こんな感じでしたが、サンガの選手でなくても駒井を影ながら応援したいと思います。


そもそも、プレーオフ決勝で昇格が叶わず涙する姿に感銘を受け、翌年駒井ユニを購入。以来、ゲーフラを作ったりと応援した。

どうしても贔屓目で見て擁護してしまうが、駒井はチームの為に頑張ってくれた。正直この移籍は…「仕方が無い。」と思う。

同時に駒井ほどチームへの愛着を持ち責任感の強い選手が移籍する事実はフロントの迷走の証左。選手に見限られていますよ。

フロントの皆様、「育成」を売りにしているらしいですが、久保、奥川、駒井・・・。

私のような素人に言われなくてもご理解いただいているでしょうが、明確な将来像と手応えある結果を出さなければ、結局は見込みのある選手を供給するだけのチームから脱することは出来ないですね。



公式HPでは駒井からはこんなメッセージが掲載 http://www.sanga-fc.jp/blogs/diary/6554/

最後に綴られた、「今後は京都サンガF.C.のサポーターとして応援し続けます。」

駒井のクラブへの愛着に感謝する一方で、サンガの選手としては、もはや応援する対象でない。複雑な気分。

ただ、来季は、槙野と駒井がイチビル姿を全国ネットでみることが出来るかもしれない。これは、まぁ楽しみ。

浦和で出場できないからって、直ぐに他チームに移籍したり、サンガがJ1に戻ったら帰り、降格したらまた出て行く。髪の毛伸ばしてはチョンマゲをつくり、チョン・テセとキャラ被ったり反面教師の真似をするんでないぞ。

少なからず、充孝以上の結果を残して欲しい!

最後に。
G氏、京都サポーター残留のお知らせ。


浦和サポへの移籍が頭をよぎりましたが、考える間も殆ど無く残留を決めました。
やはり、「選手は移籍が出来ても、サポーターは移籍ができない。」

iseki1.jpg



追伸。千葉にいる駒井の子供達はど~なんだろうか。来年フクダ電子アリーナへ行くのが楽しみです。







スポンサーサイト
京都サンガFC | コメント:0 | トラックバック:0 |

2015JリーグDIVISION2 最終順位結果とJ2マガジン順位予想の比較

本日、プレーオフ決勝にてアビスパ福岡がセレッソ大阪を跳ね除けプレーオフ枠にてJ1昇格を決めた。

セレッソが先制した際には、自身が国立に観戦していたときの徳島戦を思い出した。3位が昇格できない呪縛を。

しかし、福岡はどこぞのチームと違い昇格。個人的には、千葉福岡札幌は境遇が似ている「お友達」と思っているヽ(´∀`)ノ

J2から友達の一人が居なくなり、暫くの間、ハイスコアのバカ試合が出来ないのが寂しいが、祝福してあげたい。

そして、C大阪の残留
これは、メシうまい要素(-∀-)

そして、また池田愛恵里我らのレポーター対決を楽しめる!!

そして、キンチョウスタジアムに「牛レバー串」のリベンジをしてもらいたいサンガサポもいる(ーー゛)。

さて、表題通に戻る。

シーズン開始前に購入したJ2マガジンの順位予想と結果を比較してみる。

各チームの番記者が順位予想を行い、それを平均したものがJ2マガジンの予想となっていた。

一番左がJ2マガジンでの予想順位。矢印→右がシーズン結果。( )内は予想順位と結果の乖離幅。

1.大宮  →優勝(±0)
2.C大阪 →4(▲2)
3.千葉  →9(▲6)
4.磐田  →2(+2)
4.京都  →17(▲13)
6.徳島  →14(▲8)
7.大分  →21(▲14)
8.札幌  →10(▲2)
9.岡山  →11(▲2)
10.北九州→7(+3)
11.福岡 →3(+8)
12.水戸 →19(▲7)
13.熊本 →13(±0)
14.横浜FC →15(▲1)
15.長崎 →6(+9)
16.栃木 →22降格(▲6)
17.東京V →8(+9)
18.岐阜 →20(▲2)
19.群馬 →18(+1)
20.愛媛 →5(+15)
21.讃岐 →16(+5)
22.金沢 → 12(+10)

京都、大分が期待外れ。愛媛、金沢あたりは下馬評を覆した形と言える。

来春のJ2マガジンでは京都サンガの順位予想は如何ほどか。

契約更改が進んでいない等現状メンバーは定まってないが、競馬で言えば、おそらく「無印」でしょう\(^o^)/
京都サンガFC | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。