FC2ブログ

他府県サンガサポの暇潰し

京都サンガFCのホームタウン外に住むサンガサポ。紫魂を持つサンガ(仲間)に向けたホームページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

観戦記(2016 JリーグDIVISION2 第4節 2016/3/20 対 V・ファーレン長崎戦)

久々の更新です。

「左第3腰椎横突起」骨折の為、シーズン開幕に間に合いませんでした。

そして、今シーズン突入前にパソコンを買い換えました。

使い慣れたWindowsパソコンでなく「MacBook Pro」です。

はい。「MacBook」購入動機はモテようとした為です。

(´・Д・)」・・・・・・

MacBook持って、スタバに行って。

何ちゃらブラック、何たらフラペチーノとか言って。

パソコン触って、チャラチャラしたいと思います。

一方、Macの操作になれず写真の縮小とかに往生してしまった。


さて、タイトルテーマに戻します。

今年初観戦。

最寄駅から米原まで在来線。米原からは新幹線での移動。よく使う「シャトル切符」を利用。

前日にいただいた「オグリ最中」を車内で食べる。

昨シーズンはオグリ、大黒様と言ってましたが、今年は他チームに移籍。

IMG_7961.jpg

最寄駅から1時間少々で京都駅に到着。京都は曇天。
IMG_7963.jpg

ヴィヴィ君が長崎から入洛。
IMGP3775.jpg

スタ飯。ホルモン焼き。
IMG_7970.jpg

タコス。
IMG_7964.jpg

手作りパン。
IMG_7989.jpg

おみや。食べ過ぎましたわ( ̄▽ ̄)
IMG_7991.jpg

イケメン投票では、下馬評通り、高橋祐治が一着。
IMG_7966.jpg

チケット完売懸念のある、セレッソ戦のチケットも手配いただきました。ありがとうございます。
IMG_7985.jpg

カラービジョン。
IMGP3781.jpg

キーパー登場。
IMGP3779.jpg

ノコノコと帰ってきた、はずではない「染谷」。、

正直、まだ応援する気にはなってません。

どうも一瞬のキレを欠きます。

大型馬の飛びの大きさ。
いまいち小回りが苦手のようで。
相手の切り返しに対応遅れがち。

IMGP3783.jpg


スポンサー広告もカラー。ただ、まだまだ違和感を覚えますわf^_^;)。

IMGP3786.jpg

京都の桜は開花間近。コウジさん(同い年)の笑顔はお先に満開。
IMGP3789.jpg

IMGP3792.jpg

依然として「死んだままの不死鳥」


蘇ってください。マジで。

敵チーム長崎の選手一覧。

ただ、背景が紫だから紛らわしい。
IMGP3791.jpg

メンバーはこんな感じで。
IMGP3794.jpg

IMGP3796.jpg

kickoff間近の光景。
ワシにとっては今節を以ってシーズン開幕です。
IMGP3795.jpg


初スタメンの国領君。

個人的には好印象「まずまずやってくれる。応援したい。」セットプレーからのキック上手ですね。

初スタメンでも、時間経過にともない落ち着いてプレーしていたように感じます。
IMGP3797.jpg

IMGP3807.jpg

前半14分に有田がゴールネットを揺らすもオフサイド。
IMGP3798.jpg

フリーキックから。キック後、ゴール前でごちゃごちゃしたが、ゴールネットを揺らせず。
IMGP3804.jpg

国領君は途中で退きましたが、次回に期待を持たせる印象でした。

そして、高橋祐治も安定したプレーの印象。
IMGP3812.jpg

はじめて目の前でプレーを見る本多さん。

スタミナは?守りは?攻撃面は?

正直、今日は「失望した」(´・_・`)。
ただ、次回に期待していますo(`ω´ )o
IMGP3814.jpg

後半コウジさん投入も消えていた。

ゴールの匂いしない。

ダニロビの一発もなく結果はスコアレスドロー。
IMGP3815.jpg

下を向いてこちらに歩く紫の戦士達。

メンバー変われど、この光景に著変なし。
IMGP3818.jpg

ただ、菅野がサポターの近くまで寄ってきて挨拶する姿は好感が持てる。

その点は、昨年のチームキャプテンとは違うかな。

望は次節アウェー札幌戦での勝利。

私は行けませんが、サンガサポが「楽しい、ススキノナイトだぜぇ♪───O(≧∇≦)O────♪」
とはしゃぐことができる結果を臨みます( ´ ▽ ` )ノ
スポンサーサイト
京都サンガFC | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。