FC2ブログ

他府県サンガサポの暇潰し

京都サンガFCのホームタウン外に住むサンガサポ。紫魂を持つサンガ(仲間)に向けたホームページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

長良川鉄道 観光列車「ながら」に乗ったった

3月4日 徳島戦の当日。観光列車「ながら」に乗車。

会社の日帰旅行があり、折角の土曜、ホームゲームに参戦できなかった。

観光列車「ながら」は、平成28年4月より長良川鉄道にて運行。
長良川鉄道は、1986年(昭和61年)12月に旧国鉄から営業を引き継いだ第三セクター鉄道。
岐阜県美濃加茂市にある「美濃太田駅」から岐阜県郡上市白鳥町にある「北濃駅」を結ぶ72.1kmを運行。

観光列車「ながら」は、1号車「森号」2号車「鮎号」から成り、デザインは、JR九州の豪華寝台列車を手がけた水戸岡鋭治氏が内外装を担当。

観光パンフレットには、こんな↑感じの案内が記載。

近年、低迷する長良川鉄道の起爆剤として、投入されたもの思います。

車体及び駅の様子。車両のカラーは、シャア専用機を思わせる色。
IMGP8295.jpg

IMGP8291.jpg

IMGP8290.jpg

IMGP8281.jpg

IMGP8280.jpg

IMGP8275.jpg

IMGP8283.jpg

IMGP8273.jpg

車内の天井。
IMGP8296.jpg

時代を感じる、郡制時代の看板。「郡上郡」です。
IMGP8294.jpg

郡上八幡から美濃太田駅に向かう。

車内では、結婚式で出てくるような、名前と得体の知れない、贅沢な食材が。

勿論、ビール・日本酒・ワイン等のアルコール提供もあり。
IMG_1593.jpg

IMG_1595.jpg

車窓からは田舎の山間の風景。
IMG_1594.jpg

IMG_1610.jpg

車内には、地元特産品を展示。
IMG_1606.jpg

途中、駅でトイレ休憩あり。手前は、観光列車。奥は、旧式。
IMG_1603.jpg

IMG_1597.jpg

美濃太田駅までやってきました。
IMG_1616.jpg

鉄道好きには、たまらんちん(((o(*゚▽゚*)o)))、かも知れませんが・・・

私一人では、まず、乗ることはなかったです(*ノ∪`*)
結果、良い経験をさせてもらいました。

今回は、会社の旅行であった為、積立金からの拠出。
その場で支払いをしておりませんが。

パンフレットによれば、料金は次の通りです。

ランチプラン:12,000円
スイーツプラン:5,000円
ビュープラン(飯なし):区間運賃+乗車整理券500円

詳しくは、ホームページにて。
http://www.nagatetsu.co.jp
スポンサーサイト
「【◎】ω・`)カメラ・写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

観戦記 2017 JーLEAGE DIVISION2 第1節 モンテディオ山形戦(2017/2/26)

2017シーズン開幕。
開幕モンテディオ山形戦を観戦。

しかし、前日、大垣にある「盛升」での深酒がたたり、キックオフギリギリの西京極到着となる。
IMG_1539.jpg

今年のレプリカユニは、「5 吉野恭平」を選択。

加えて、一年振りにゲーフラを作成。吉野は、昨シーズン途中加入からボランチで存在感を示し、走り回るスタイルに好感を持った訳です。
IMG_1524.jpg
スポンサーの任天堂様に媚を売り、吉野ヨッシーと言うわけ。


今シーズンを語る上で、この人の加入に言及しなければいけません。

田中さん。

早速26分に、イエローカードを頂戴しておりました。
IMGP8142.jpg

遅くなりましたが、スターティングメンバー。3バックを採用。
今年はこのフォーメーションが土台になるのか。
IMGP8144.jpg

失点から始まる一年。

右サイドのスペースを使われ、美しいクロスから「9番 瀬沼」に綺麗にヘディングで決められる。
IMGP8154.jpg

サンガのセットプレー。気づけば、4年目のビツさんが蹴るようです。
去年の堀米に比べてどうなんでしょう。期待しております。
IMGP8165.jpg

前半、相手ゴール側にて、アクシデント発生。散水用の水道管のトラブルのようです。ピッチが陥没した様子。
選手が一旦引き上げる珍事。
田中さんは、ベンチに引き上げず、一番遠いところから事故現場へ向かいました。
IMGP8182.jpg

ハーフタイムに登場予定の方々も心配そうに眺めております。
IMGP8174.jpg

自分としては、この中で「きたいくん」かなり気に入った。

気に入ったから調べてみた。
きたいくんの紹介

ゴールドをまとう。ガンダムの百式みたいでカッコイイ!

ゆるキャラならぬ、「強キャラ」という設定。確かに、強そう!!!

憧れる。僕もこうなりたい!!!

IMGP8195.jpg

そんなこんなで、前半は1−0で終了。
お気付きの方もいるだろうか・・・。試合内容にほぼ言及していないことを。
それだけ、退屈な試合であったということです。

こちらは、髪色が「きたいくん」と同じ、菅野選手。今年も、さんがサポからは、活躍「期待くん」だと思います!!
IMGP8190.jpg

後半開始。
IMGP8208.jpg

山形のゴールキーパー児玉剛。今シーズン、愛媛から移籍。
児玉は、京都の控えゴールキーパーの地位にあったが、移籍後は、正ゴールキーパー。
京都を移籍してよかったと思う。
IMGP8211.jpg

後半12分に田中さんがPKを与え、鈴木に決められて2−0。敗戦ムード漂う。
IMGP8221.jpg

59分、2枚替え。
菅野選手を上回る、期待くんが登場!!!

イヨンジェ→岩崎悠人、ハミンソン→仙頭啓矢

岩崎は京都橘出身で、サンガサポの13番ユニ着用率は相当の印象。京都サンガサポの「期待くん」
13番の背番号を背負わせるあたり、フロントからの期待の高さを感じる。

二人が投入されてからは、点差もある為、前への推進力が増した。
IMGP8231.jpg

開幕戦はこれだけの客入り。やはり、J2だとこんなもんなのか。
IMGP8240.jpg

大黒を変え、新戦力のオリス登場。昨年のキロスと同じ役割か?これから足元の技術をみていきたい・・・。
IMGP8247.jpg

その、ケヴィン・オリスが初出場、初得点。
ケヴィンが後のインタビューでパーフェクトと称賛した、岩崎のクロスを頭で合わせてゴール。
IMGP8258.jpg

敗戦はしたものの、後半を見るに、次の試合、すこ〜〜〜〜しは、期待しようと思います。

今節の印象。
岩崎、仙頭、湯沢は好印象。
従って、開幕と全く同じメンバーに固執するとか、よしてください。
次節、試合での出来を勘案したメンバー構成を望みます。

IMGP8263.jpg

IMGP8265.jpg

京都サンガFC | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。