FC2ブログ

他府県サンガサポの暇潰し

京都サンガFCのホームタウン外に住むサンガサポ。紫魂を持つサンガ(仲間)に向けたホームページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

観戦記 JーLEAGE DIVISION2(2017/5/3) 第12節 名古屋グランパス戦

岐阜戦に次ぐ近場の会場、豊田スタジアム。京都J1在籍以来の訪問。

車での経路はこんな感じ。
実際の所要時間は渋滞もなく1時間10分ほど。
反対車線では、中央道へ入るまでは混雑。
IMG_1382.jpg
、画面赤字表示は渋滞
名神高速や中央道は、混雑してます。
京都組は渋滞に引っかかったようでお疲れ様でした。

さて、今回も近くの建設会社の駐車場を利用させていただく。
豊スタまでは徒歩5分程と好立地。
以前は、事前に電話予約できたが、今年からキックオフ3時間前からの先着順に。
IMG_1386.jpg

昼ごはんに。釜玉ラーメンをいただく。
新名古屋飯グランプリ優勝らしいが、初めて知りました( /ω)。
IMG_1389.jpg

しかし、グランプリ優勝は伊達でなく、なかなかの美味しさである。
IMG_1390.jpg

今節、グランパスは集客レコード塗り替えを狙っている。

対戦相手となる京都サンガには、田中マルクス闘莉王、石櫃、本多、小屋松、望月。グランパスに所縁のある選手も多い。加えて日程はGW。ほど近い京都と、相応のアウェーサポ集客も見込まれる。総合判断で、今節でのレコード更新を狙ったものと。
IMG_1385.jpg

試合開始前には、決起大会に足を運ぶ。

GW中の高揚感も手伝い、皆さんも妙にテンションが上がっている。笑。

たま〜〜〜に、こういう場を設けていただき、サポーターの結束を高めることは良いことかと。

練習中の様子。
IMGP9127.jpg

IMGP9129.jpg

IMGP9132.jpg

IMGP9137.jpg

IMGP9158.jpg

そろそろ、決めてください。もっとも、出場機会が少ないが。
IMGP9165.jpg

IMGP9169.jpg

IMGP9170.jpg

選手入場。
IMGP9182.jpg

前節の3−1の流れを汲んで、今節も勝てるか。
一つ言えるのは、最悪期は脱した(はず)。
私自身が好んだ戦術ではないものの、今の戦い方が最善の策であることは否定しない。
IMGP9185.jpg

メンバー。
IMGP9187.jpg

玉田は、名古屋ユニの方が似合うね。この後、FKで菅野が好セーブ!!
IMGP9192.jpg

早い時間で、ハソンミンが負傷交代。伊東俊投入。
IMGP9203.jpg

IMGP9205.jpg

IMGP9209.jpg

IMGP9211.jpg

IMGP9212.jpg

IMGP9220.jpg
玉田には、ドリブル突破されたりしましたが、サンガDF陣が守る。

前半は、高い位置を維持してのまずまずの戦いぶり。
最近の不甲斐なさに比べれば善戦。

そして、濃厚な時間の到来キャ━(´ェ`)━!!!。

FK獲得。
IMGP9223.jpg

ケヴィン→本多→ケヴィンの右足にて、ゴール!!!
IMGP9224.jpg

今のところ、ケヴィン、当たり🎯外人に属してます。
IMGP9228.jpg

その後、前半は、サンガ寄りのペースであった気がします。

翔悟は、体を張り名古屋FWシモビッチを抑える。
身長差あり、頭一つ違うにも関わらず、ファイトあふれるプレー。
前半、肩を負傷して一時ピッチを離れる場面も。

IMGP9231.jpg

後半開始。今度はこっちへ攻めてくる。
IMGP9243.jpg

・・・・・が、しかし、全然あきません。

名古屋が後半頭からもう一人のデカブツ、フェリペガルシアを投入。
サンガと似たような戦い方に。
名古屋は前線二人にボールを集め、セカンドボールを拾えている。
一方で、徐々にサンガは自陣内でのプレーが続く。
時より、攻めてるものの淡白な攻め。
IMGP9254.jpg

但し、岩崎くんは別格です。大いに可能性を感じます(゚∀゚)。
IMGP9276.jpg

IMGP9355.jpg

長年、名古屋の正GKを務める楢崎。
IMGP9255.jpg

段々と日が翳り、照明にも灯がともる。
IMGP9245.jpg


このまま、逃げ切り可能か・・・期待していた。
IMGP9269.jpg

追加タイム5分。
IMGP9290.jpg

しかし、ここで十八番でした。
IMGP9291.jpg

Σ(´Д`*)今シーズン、アディショナルタイムで、勝ち点を何点失ったことか・・・。

「昨シーズン、最後の最後で勝ちきれなかった。それを勝ち切るピースを獲得した」。
↑これって、今シーズン開幕前のフロントのコメントでした?それとも一昨年でした?

勝ちきれない試合が続き、もはや、このコメントが、いつ発せられたのか、忘れてしまった・・・・。
随分と期待値が下がってしまいました。もはや昇格はかなり厳しい。

期待値が下がったことを選手自身が感じいたら・・・と心配です。

選手自身の昇格の諦め→選手が抱くチーム自体への期待値低下→有望選手の移籍→ゼロからのチーム作り。
近年、2・3年周期で訪れているループ。またこの繰返しへの懸念。

IMGP9292.jpg

今の順位で、上位相手によく戦ったよ。概ね拍手でお迎え。
IMGP9294.jpg

IMGP9296.jpg

挨拶後は、小屋松がグランパス側への挨拶の口火を切る。
IMGP9299.jpg

クッソブーイングです。

IMGP9302.jpg

一方、マルクスは拍手。
IMGP9303.jpg

IMGP9304.jpg

後、本多もブーイングでしたね。

しかし、複数名の選手が名古屋側に挨拶に行く様子を見て、違和感を抱いたのは私だけではないのでは?
Jリーグ初昇格の京都パープルサンガ時代ならともかく。その後、何年も時間は経過した訳で、加えて、他のJリーグチームに比べ、スポンサーも付いているにも関わらず、「京都サンガ」としての独自性、主体性を欠いている印象を強くうけましたわ。


名古屋からは、サンガに以前所属していた酒井がサンガのゴール裏に挨拶に来た。温かく迎えておりました。
IMGP9354.jpg

IMGP9308.jpg

最近5節に限っては、●○△○△と「勝ち点8」。
確実に上向き。

岩崎くんが離脱する前に次節、讃岐戦は、必ず勝ってもらいましょう!!!


讃岐戦は、DAZN観戦ですが、レノファ山口には参ります。
山口の翌日には、休みが取れそうです(*^_^*)。
スポンサーサイト

京都サンガFC | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム | 郡上の桜>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。