FC2ブログ

他府県サンガサポの暇潰し

京都サンガFCのホームタウン外に住むサンガサポ。紫魂を持つサンガ(仲間)に向けたホームページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

観戦記(第94回天皇杯 三回戦 名古屋グランパス戦  2014/8/20)

言わずものがな今季のサンガは低迷。リーグ戦はプレーオフ圏内を争う状況。
正直、自動昇格は厳しい・・・。

となれば、かすかな「夢」。3大会前の第91回大会の破竹の連勝を望んでしまう。
(91回大会は、最終的に決勝まで駒を進めた。コウヘイと国立競技場まで応援に行き、敗戦後、
元旦夕刻、新宿にて閑散とした「ワタミ」か「白木屋」での残念会が思い出される。)

今回の観戦は特に楽しみにしていた。

理由の一つ目は、参加予定であった初戦の鳥取戦を入院にて回避してしまった。
二つ目は、現在公式戦でJ1チームと戦う機会が天皇杯しかないこと。
三つ目、最大の理由は、平日開催でありながら、現地観戦ができること。

試合当日。車にて、名神高速道路・名古屋高速道路経由で現地に赴く。

名神一宮IC辺りは合流付近で混雑しており、会場である瑞穂陸上競技場に到着したのは、前半30分を経過した頃であった。
buroggu-guran0-20140823.jpg

遅れて到着後、サンガサポがいる席へ向かうと。手を振る方が見える・・・。いつも西京極でご一緒させていただいているご夫婦。
今回も近くにお邪魔させていただく。

途中からの観戦であり、前半30分間の内容は見られず。到着時には、既に1点を先制されていた。
ご夫婦のお話によると、始まって直ぐ点を取られたものの、概ねサンガペースだったとのこと。

確かに、少ない時間であったが自分の見る限り、比較的サンガのポゼッションでボールは回ってたし、
右サイドで工藤が相手の背後を狙う動きが隋所に見られた。
形を作り、シュートのチャンスもあり山瀬がフリーで外すような場面も・・・。

しかし、前半のうちに相手に追加点を与える。CKから闘莉王に頭でやられた。
buroggu-guran3-20140821.jpg

どうでもよい話だが、改めて闘莉王は、「田中マルクス闘莉王」であるこいうと。
どうも最近は、「田中マルクス」が意識の外にあった。

さて、前半は急いで駆けつけたこともあり、気分も落ち着かなかった。

会場に着くなり、掲示板を見て、祐治・福ちゃん・横谷・内野の名前があり、リーグのメンバーとは多少違う事は確認したが、
布陣はあまり覚えていない。
高橋が右サイドで、駒井はいつもより真ん中あたりにいるなぁ・・・と、思っていたが。

そんな落ち着かない中で、ハーフタイムに突入。すると、前から「○○(本名)く~ん」と、女性の声。

出ました!!コアサポ登場。お越しになるとは、事前にコウヘイから聞いていましたが、なんと目の前に居らした。
目の前の背番号に気がつかないとは視界狭窄。

私が来る前の前半はどうでした?の問いの応えの一つに、「福ちゃんは今日、判断が遅い。」と、福ちゃんがブレーキなっていた印象。

それから、駒井は今日はボランチ起用であったとのこと。
ある程度何処のポジションをこなす駒井。ますます器用貧乏になりそうで・・・。
安○という器用貧乏な選手と重なる。

本日は、京都から新幹線で会場入りしたとのこと。「天皇杯は、リーグ戦だから是非とも見たいから一人で来た。」と。
本当に好きすね~。でも、お隣で観戦されている方は、兵庫からの参戦だとか。平日遠征頭が下がります。

さて、後半始まって間も無く、自陣でのパスを掻っさらわれ、駒井が止めにいったところでPKを献上。

これを玉田に決められ3-0。・゚・(ノД`)・゚・。。

その後、今度は流れの中から玉田に追加点。
結局、後半もグランパスゴールをこじ開けることが出来ず、結果は4-0。・゚・(ノД`)・゚・。。

buroggu-guran8-20140821.jpg

後半、大黒、優汰、田村を投入するも得点には至らず。
平日にサポが応援に駆けつけている訳だし、1点は取って欲しかったな。

(途中で退場した駒井)
buroggu-guran5-20140821.jpg

(出場機会を増やしつつある、石田)
buroggu-guran7-20140821.jpg

(後半投入の大黒。ナンダカンダいっても出てくるとゴールの可能性は感じる。)
buroggu-guran0-20140821.jpg

帰宅後、公式記録を確認。
京都のシュートは16本、名古屋のシュートは8本と倍のシュート数を放ったそうだが、とてもそんな雰囲気ではなかった気がする。
私の印象は、「ゴールへ向かう迫力に欠ける試合」でした。

今日の収穫は、「ご夫婦」と「大学の先輩にあたるサンガサポ」にお会いしたこと。以上。

暑い中、大変だと思いますが、日曜日にはリーグが控えていますが、試合後に疲労で倒れこむような選手は居なかったように思える。
また、試合後の挨拶では、サポもあまり憤慨していない雰囲気。
buroggu-guran10-20140821.jpg

今のチーム状況から、サポもおそらく過度の期待はしていなかったのではないか。
正直、J1で低迷、しかもリーグのメバーを温存しての名古屋に対して不甲斐ない「結果」となったのは残念。

「内容」は4-0ではないとの声もあるが、やはりその結果を招くには、ゲームの進め方、最後のシュートの質に「差」があると思われる。
慰めの「材料」を探すより、「差」を認めないといけない。その点は、川勝監督もコメントしていましたが。

私も含めて、なんか皆さん、近年のJ2慣れで、チームのレベルアップに対する期待・希望・要求が薄れていませんか<丶`Д´>?

確かに、選手に対する暴言なんかいけませんが、このままではいずれ、J2の住民に定着して、勝ち点1で拍手を送るようなチームになってしまいませんか<丶`Д´>?

そんなチーム応援するんですか( ´Α`)?

buroggu-guran11-20140821.jpg






まぁ、ワシは結局応戦するんだろうけど・・・。
スポンサーサイト

京都サンガFC | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<観戦記(Jリーグ DIVISION2 第29節:ギラバンツ北九州戦 2014/8/31) | ホーム | 【番外編】観戦記(Jリーグ DIVISION2 第26節:FC岐阜 対 愛媛FC戦 2014/8/10)>>

コメント

仕事後に参戦、おつかれさまでした。
私もギリギリまで悩んではっきり行くと決めたのは午後2時頃。もう少し早く決断してたら在来線使ったんだけど(^^;決して「コアサポ」ではありません。ただの「ミーハー」です。

前半は、左から福、バキ、うっちー、祐治
その前に、駒井、ヒロキ、
そして左から、山瀬、まさぽん、工藤、
ワントップに横って感じでした。
横が身体を張ってた!と監督は褒めてたけど、私は前半は下がり過ぎかな?という印象。
後半の布陣のほうがみんながやりやすそうな印象を持ちました。

北九州戦、西京極でお待ちしてます(^-^)
2014-08-24 Sun 22:24 | URL | kumiko [ 編集 ]
おはようございます。昨日はスカパーにて讃岐戦をみてましたが、なかなかスカッと勝てないですね。

讃岐に勝てなかったら、もう今シーズンは終戦だと思ってました。

そして勝てなかった。

しかしながら、往生際の悪い私は、次節北九州に勝てば、帳尻が合う、、、かと。

私の中では、昨日は相手チームの木島が、マンオブザマッチです。あれだけフラフラになるまで走り回る。最後には、インタビューぐだぐだになるくらい走り回る。

サンガの選手からも、それぐらい全力で戦う姿勢をみたい。

昨日の試合を消化し、残り14試合。残り試合も少なくプレーオフ圏内確保が現実的な目標ですね。なんとか圏内に食らいついて行ってもらいたいです。

私の体調は回復基調ですので行きます。
それではまた日曜日( ´ ▽ ` )ノ

2014-08-25 Mon 07:00 | URL | 他府県サポ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。