FC2ブログ

他府県サンガサポの暇潰し

京都サンガFCのホームタウン外に住むサンガサポ。紫魂を持つサンガ(仲間)に向けたホームページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

観戦記(Jリーグ DIVISION2 第36節: 2014/10/11)  ロアッソ熊本戦

熊本戦に向け、いつものようにJR在来線で米原まで行き、京都までは新幹線での移動。所要時間約1時間。今年の馬スタアウェー観戦は楽しかった。今節も楽しい試合を望みたい。

京都駅到着後は、またまた、コウヘイに京都駅まで迎えに来てもらう。

三連休からか、前回と比べ京都駅には人が一杯。

いったんコウヘイ宅に荷物を置いて西京極へ。

最近、西京極にはキックオフ約2時間半ぐらい前に到着している。当初は、こんなに早く行ってどうするんや?と思っていたが、案外時間の経過は早い。

今回もバス待ち。
kumamotohome222.jpeg

kumamotohome0-201410111.jpeg

kumamotohome2-201410111.jpeg

さて、今日のスタジアムイベントは『サンガールフェスタ2014』と銘打って、サンガを応援・スタジアムを盛り上げる(ことになっている)立命・同志社の女子大生がうろうろとしている。

月桂冠の女性向け商品、『ほろどけ』シリーズの試飲会が実施される。3種類の『ほろどけ』シリーズとスパークリング日本酒の「うたかた」を試飲したが、スパークリング日本酒「うたかた」が一番美味しかったね。

どれも、はっきり言ってジュースと同じ。これアカンやつや!

kumamotohome3-201410111.jpeg

しかし、うたかた(泡沫)ってチョイスどうなん?後から公式HP見たら、わざわざ追加した商品らしいやん。サンガの昇格も「泡沫の夢」、「風前の灯」を暗示しているようで…。わざわざフラグ立てるなと。

話は戻ってサンガール。サポ年齢が上がってきているJリーグにおいて、若い世代のサポを増やすことは良い事。

しかし、この子達がどれほどサンガに関心があるのか…。サンガールの参加者は少なからず選手の半分は名前が言えたり、チームの順位を知ってる程度の関心は持っててもらいたい。

「あんなん、だだ化粧濃いだけやん。」( `Д´)/
と、かつての女子大生からは手厳しい言葉も(笑)

チーム状況も悪く、Sバック席は入りが悪い。試合開始前のMCの発言。「三連休初日というのに~、皆いったいどこへいってしまったんだ~。今日来ているサポーターが真のサポーターだ~」と自嘲気味の発言ワロタ。

試合内容・結果は、まさに「昇格はうたかた夢の如し」といったもの。
kumamotohome7-201410131.png

今日は、オスンフンが前日の寝坊(翌日の京都新聞より)によりベンチ外。いったい、ど~なってんだ?監督、雷落としているんじゃないの?よりによって寝坊(;´Д⊂)て。

今節は、サンガの将来をしょって立つであろう二人がスタメン。杉本大地と磐瀬剛。

チャンスらしいチャンスは二つぐらい。福ちゃんのクロスが大黒の頭をかすめた場面。ドウグラスが近くに居て、大黒が反転して力ないシュートを放った場面ぐらい。

他に特筆すべきことは、電光掲示板が途中でバグって、「GOAL」の表示。
一度画面が真っ暗になって、改めてメンバー表が立ち上がる。その様は、初代ゲームボーイのようでしたわ。

リセット押したら「Nintendo」の文字が出るぐらい粋なこともでもして楽しませてほしいわ。試合内容いまいちですから。

つまらない試合で、ワシ、途中で試合への注意力が散漫になってきて夕日を撮影。
kumamotohome5-201410111.jpeg

秋は夕暮れ。つい最近まで暑かったのに、日が経つのは早いもの。2014シーズンも残り僅か。
kumamotohome6-201410131.png

試合終了後は勿論ブーイング。
もっとも、前節の栃木戦では随分と時間をかけてサポと監督との間で、お互いが主張を交えていたからか、案外あっさりとしていた。

バヤリッツァへの揺り籠ダンスは次節へお預けとなりました。
スポンサーサイト

京都サンガFC | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<コスモス撮りにいったった(2014/10/25) | ホーム | 観戦記(Jリーグ DIVISION2 第35節: 2014/10/4)  栃木SC戦>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。